kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ウイルススキャンを行う

  ウイルススキャンを行います。
  事前にウイルススキャンの設定を行っておきましょう。

1.スキャン対象の指定

  まず、スキャン対象の指定を行います。

  スキャン対象の指定は、以下の方法があります。

  1. ファイル
  2. フォルダー

  1-1.ファイルを指定する場合

    スキャンするファイルを指定する場合、メイン画面で「ファイルをスキャン」をダブルクリックします。



    以下の画面が表示されるので、スキャンするファイルを選択し「OK」ボタンをクリックします。


  1-2.フォルダーを選択する場合

    スキャンするフォルダーを指定する場合、メイン画面で「フォルダーをスキャン」をダブルクリックします。


    以下の画面が表示されるので、スキャンするフォルダーを選択し「OK」ボタンをクリックします。


2.ウイルススキャンの開始

  スキャン対象を指定すると、ウイルススキャンが開始されます。

  2-1.シグネチャーの読み込み

    まず、シグネチャーの読み込みが行われます。


    環境によっては、読み込みに時間がかかります。

  2-2.ウイルススキャン

    以下のように、スキャンが行われます。


    右下の「キャンセル」ボタンをクリックすれば、いつでもウイルススキャンを中止できます。

  2-3.ウイルススキャン完了

    ウイルススキャンが完了すると、スキャン結果が表示されます。
    ウイルスが見つからなければ、以下のようにメッセージが表示されます。



    以上で完了です。

    ウイルスが見つかった場合、以下のように「潜在的な脅威」に見つかったウイルスの数が表示されます。


3.ウイルスの処理

  ウイルスが見つかった場合、ウイルスに感染したファイルの処理を行います。
  以下のように、検出されたウイルスの一覧が表示されます。


  ファイル

    ウイルスが見つかったファイルです。

  状態

    感染したウイルスの内容です。

  実行する

    ファイルを処理した内容が表示されます。

  ファイルの処理方法について

    ウイルスに感染したファイルの処理方法には、以下の方法があります。

  • ファイルを隔離する
  • ファイルを削除する
  • ファイルを解析する

4.ファイルを隔離する場合

  ファイルを隔離すると、ファイルを「~/.clamtk/viruses」に移動します。
  隔離したファイルは後で削除するなど、「ClamTk」から管理できます。

  4-1.ファイルの選択

    隔離したいファイルを選択します。


  4-2.ファイルの隔離

    画面左下の「隔離」ボタンをクリックします。


  4-3.隔離完了

    以下のように、ファイルが隔離されます。


    「Nautilus」を起動し、「~/.clamtk/viruses」フォルダーを開くと、以下のように隔離されたファイルが配置されています。


5.ファイルを削除する

  ファイルをHDDから削除します。

  5-1.ファイルの選択

    削除したいファイルを選択します。


  5-2.ファイルの削除

    画面左下の「削除」ボタンをクリックします。


  5-3.削除確認

    以下のように、ファイルの削除確認が表示されます。




    「OK」ボタンをクリックします。

  5-4.隔離完了

    以下のように、ファイルが削除されます。


6.ファイルを解析する

  ファイルをVirusTotalで解析します。
  誤検出かどうか分からない場合は、ファイルを解析するとよいでしょう。

  ファイルの解析を行った後に、隔離や削除など必要に応じてファイルの処理を行います。

  6-1.ファイルの選択

    解析したいファイルを選択します。


  6-2.解析画面の表示

    画面左下の「解析」ボタンをクリックします。 


  6-3.ファイルの解析

    以下のように解析画面が表示されるので、ファイルの解析を行います。


    ファイルの解析については、「ファイルをVirusTotal解析する」を参考にしてください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション