kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ログから特定の文字列を検索する・特定の文字列をハイライト表示する

  ログから特定の文字列を検索し、特定の文字列をハイライト表示します。

  1.検索バーの表示

    「Edit」メニューを開いて「Find」をクリックするか、「Ctrl+F」キーを押します。


  2.検索バー

    以下のように、検索バーが画面下部に表示されます。


検索バーのUI構成

  検索バーのUI構成です。


  1.閉じる

    検索バーを閉じます。

  2.検索キーワード

    検索するキーワードを入力します。
    入力と同時にインクリメンタル検索が行われます。

    正規表現の使用など、検索方法を検索設定で変更することができます。

  3.Ignore case

    チェックをオンにすると、大文字・小文字を区別せず検索を行います。
    チェックをオフにすると、大文字・小文字を区別して検索を行います。

  4.Previous

    一つ前の検索条件に該当する文字列に移動します。

  5.Next

    次の検索条件に該当する文字列に移動します。

文字列を剣索する

  ログファイルから文字列を検索するには、検索バーに検索キーワードを入力します。
  以下のように文字列が検索され、条件に合う文字列がハイライト表示されます。


  「Previous」をクリックするか「Shift+3(#)」キーを押せば、前の文字列を検索します。
  「Next」をクリックするか「*」キーを押せば、次の文字列を検索します。

検索する文字列をログから指定する

  検索する文字列をログから指定することもできます。

  1.文字列の選択

    検索したい文字列をログから選択します。



  2.文字列の検索

    選択した文字列を右クリックして表示されるメニューから、以下のいずれかの項目をクリックします。


    Find next

      次の文字列を検索します。
      「*」キーを押しても良いです。

    Find previous

      前の文字列を検索します。
      「Shift+3(#)」キーを押しても良いです。

  3.文字列の検索

    以下のように文字列が検索され、条件に合う文字列がハイライト表示されます。

    「Find next」をクリックすれば、現在選択している文字列より後ろの文字列が検索されます。


    「Find previous」をクリックすれば、現在選択している文字列より前の文字列が検索されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション