kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

GPRename

  「GPRename」は、複数のファイルやフォルダーの名称を、ユーザーが指定したフォーマットに従って一括変換(リネーム)するアプリです。


  アプリ名は、「gprename」です。

インストール

  「GPRename」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gprename」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

GPRenameの起動

  「GPRename」の起動です。
  Dashホームから、以下のように起動します。


GPRenameのUI構成

  「GPRename」のUI構成です。


  1.フォルダー

    ここで選択したフォルダー内にあるファイルやフォルダーに対して名称の変換を行います。
    フォルダーを選択すると、「2.」にファイルやフォルダーの一覧が表示されます。

    ちなみに、サブフォルダー内のファイルに対して再帰的に名称の変換を行うことはできません。

  2.ファイル/フォルダーの一覧

    「1.」で選択したフォルダー内にあるファイルやフォルダーの一覧が表示されます。

    「Files」のタブをクリックすれば、上記の画像のようにファイルの一覧が表示されます。
    「Directories」のタブをクリックすれば、以下のようにフォルダーの一覧が表示されます。


  3.Name

    現在のファイルやフォルダーの名称が表示されます。

  4.New name

    名称変換後のファイルやフォルダーの名称が表示されます。
    「Preview」ボタンをクリックすると、名称変換後のファイルやフォルダーの名称が表示されます。

    「New name」に名称が表示されているファイルやフォルダーが、名称の変換対象になります。

  5.ファイルやフォルダーの情報

    「2.」で表示しているファイルの総数(Files)、「2.」で表示しているフォルダーの総数(Directories)、名称の変換対象になっているファイルやフォルダーの総数(Selected)が表示されます。

  6.名称の変換方法

    名称の変換方法を指定します。
    名称の変換方法の種類が多いため、別途紹介します。

  7.「Preview」ボタン

    「2.」で選択しているファイルやフォルダーの名称を、「6.」で指定された名称の変換方法で変換した際、どのような名称に変わるのかプレビューを行います。

    プレビュー結果は、「4.」に表示されます。
    名称の変換を行う前に、必ずプレビューを行う必要があります。

  8.「Rename」ボタン

    「New name」に名称が表示されているファイルやフォルダーの名称を変換します。

  9.「Undo」ボタン

    名称の変換を取り消し、ファイルやフォルダーの名称を元に戻します。
    名称の変換の取り消しができるのは、直前に行った変換だけです。

  10.「Refresh」ボタン

    「2.」のファイルやフォルダーの一覧を更新します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション