kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

隠しファイルを表示する

  隠しファイルを表示します。
  デフォルトでは、隠しファイルは非表示になっています。


  隠しファイルのファイル名を変換したい場合は、隠しファイルを表示する必要があります。

  1.隠しファイルの表示切替

    「Options」メニューを開き「Show hidden files」をクリックします。


    機能が有効になっていれば、「Show hidden files」にチェックが表示されます。

  2.隠しファイルの表示

    以下のように、隠しファイルや隠しフォルダーが表示されるようになります。


ファイルやフォルダーの一覧にフルパスを表示する

  ファイルやフォルダーの一覧にフルパスを表示します。
  デフォルトでは、ファイル名やフォルダー名のみ表示されます。


    フルパスで表示することができます。

  1.フルパスの表示切替

    「Options」メニューを開き「Show path」をクリックします。


    機能が有効になっていれば、「Show path」にチェックが表示されます。

  2.フルパス表示

    以下のように、ファイルやフォルダーにフルパスが表示されるようになります。


表示するファイルやフォルダーをフィルタリングする

  デフォルトでは、選択されたフォルダー内にあるファイルやフォルダーがすべて表示されます。


  表示するファイルやフォルダーをフィルタリングし、名称に特定の文字列が含まれるファイルやフォルダーのみを、一覧に表示することができます。

  1.フィルター画面の表示

    「Options」メニューを開き「Filter」をクリックします。


  2.フィルターの入力

    フィルターを入力します。
    フィルターに入力した文字列が含まれるファイルやフォルダーが、一覧に表示されます。


  3.フィルターの入力例

    ここでは例として、以下のように入力しました。


  4.フィルター完了

    以下のように、ファイル名やフォルダー名に「SHIFT」が含まれるファイルやフォルダーのみが表示されるようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション