kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Exifのパターン(その2)

  「画像の情報からファイル名を変換する」の続きです。

  6.写真を撮影した日

    写真を撮影した日を指定するパターンは、「{imageday}」です。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  7.写真を撮影した曜日

    写真を撮影した曜日を指定するパターンは、「{imagedayname}」です。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  8.写真を撮影した曜日(略記)

    写真を撮影した曜日(略記)を指定するパターンは、「{imagedaysimp}」です。

    曜日名(略記)は、曜日を指定するパターンから「曜日」を取り除いたものです。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  9.写真を撮影した時間

    写真を撮影した時間を指定するパターンは、「{imagetime}」です。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  10.写真を撮影した時

    写真を撮影した時を指定するパターンは、「{imagehour}」です。
    ここでは例として、以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション