kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

隠しファイルや隠しフォルダーを表示する

  デフォルトでは、隠しファイルや隠しフォルダーは非表示になっています。


  隠しファイルや隠しフォルダーを表示することができます。

フォルダーツリーに隠しフォルダーを表示する

  フォルダーツリーに隠しフォルダーを表示します。

  1.コンテキストメニューの表示

    フォルダーツリー上で右クリックします。


  2.隠しフォルダーの表示

    表示うされたメニューから「Show hidden files」をクリックします。


  3.隠しフォルダー

    以下のように、隠しフォルダーがフォルダーツリーに表示されます。


一覧に隠しファイルや隠しフォルダーを表示する

  一覧に隠しファイルや隠しフォルダーを表示します。

  1.オプションの表示

    隠しファイルや隠しフォルダーの表示設定は、オプションから行います。
    オプションを表示し、「Selection pattern」で隠しファイルや隠しフォルダーの表示を調整します。


  2.隠しファイルや隠しフォルダーの表示

    以下のように、「Selection pattern」を空欄にします。
    「Selection pattern」を空欄にすると、隠しファイルや隠しフォルダーが一覧に表示されるようになります。


  隠しファイルを非表示にする

    隠しファイルを非表示にするには、なにかパターンを入力すればよいです。
    例えば以下のように「*」を入力すると、隠しファイルや隠しフォルダーが非表示になります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション