kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

様々なパターンを指定してファイル名やフォルダー名を変換する

  「Patterns」をクリックすると、様々なパターンを指定してファイル名やフォルダー名を変換することができます。


  パターンの種類について

    パターンには、既存のファイルやフォルダー名に適用するパターンと、変換後のファイルやフォルダー名に適用するパターンの2種類があります。

既存のファイルやフォルダー名のパターンを指定する

  既存のファイルやフォルダー名を、変換後のファイルやフォルダー名に使用したい場合、既存のファイルやフォルダー名のパターンを指定する必要があります。

  パターンは、「Original file name pattern」に指定します。


  パターンとは

    パターンとは、ファイルやフォルダー名の規則性のことです。

    例えば、ファイルやフォルダー名が「アルファベット+数値+アルファベット」のように規則的に名称が構成されている場合、このパターンを「Original file name pattern」に指定します。

    指定したパターンの中から特定のパターンに該当する文字列を、「Renamed file name pattern」で指定し、変換後の名称に利用できます。

  パターンを使用しない時は

    既存のファイルやフォルダー名を、変換後のファイルやフォルダー名に使用しない場合は、「{@}」を入力しておきます。

    入力されたパターンから正規表現を使用して文字列を抽出するため、適当なパターンを入力するとエラーなります。

    エラーになると、ファイルやフォルダー名の変換自体が動作しなくなります。

  パターンの一覧

    「Original file name pattern」に指定できるパターンの一覧です。

パターン 正規表現 該当する文字
{#} ([0-9]*) 数値の文字列に該当します。
{L} ([a-zA-Z]*) アルファベットの文字列に該当します。
{C} ([\S]*) 空白文字を除く文字列に該当します。
{X} ([\S\s]*) 任意の文字列に該当します。
{@} (.*) 任意の文字列に該当します。

  正規表現のメタ文字について

    「Original file name pattern」に入力されたパターンは、内部的に正規表現に変換されますが、正規表現で使用する以下のメタ文字はエスケープされ、文字通りの意味になります。

  • .
  • [
  • ]
  • (
  • )
  • ?

  パターンの例

    パターンの例です。
    上記の画像を元に例を紹介します。

    ファイル名が「abcd1234efgh5678.txt」で、「Original file name pattern」に入力したパターンは「{L}{#}{L}{#}.{L}」です。

    このパターンから分かることは、以下のパターンでファイル名が構成されているということです。

  1. アルファベット
  2. 数値
  3. アルファベット
  4. 数値
  5. .
  6. アルファベット

    このパターンをファイル名に置き換えると、以下のようになります。

  1. abcd
  2. 1234
  3. efgh
  4. 5678
  5. .
  6. txt

  パターンの保存と再利用について

    よく利用するパターンは、保存しておくことができます。
    保存したパターンは、右側の「▼」ボタンをクリックすれば、以下のようにメニューで一覧が表示されます。


    パターンの保存や管理については、「パターンを管理する」を参考にしてください。

変換後のファイルやフォルダー名のパターンを指定する

  変換後のファイルやフォルダー名のパターンを指定します。
  パターンは、「Renamed file name pattern」に指定します。
 

  パターンとは

    パターンとは、ファイルやフォルダー名の変換ルールのことです。
    ここで指定されたパターンで、ファイルやフォルダー名が変換されます。
    ここに入力した各パターンは、名称を変換する際、各パターンのルールによって文字列に置き換わります。

    パターンには、通常の文字列を指定することもできます。

  指定できるパターンの種類について

     「Renamed file name pattern」に指定できるパターンには、以下の種類があります。

  1. 「Original file name pattern」と連携するパターン
  2. 連番を指定するパターン
  3. フォルダー名を指定するパターン
  4. 日付を指定するパターン
  5. ランダム値を指定するパターン

    各パターンは併用できます。
    また同じパターンを複数回利用することもできます。

  パターンの保存と再利用について

    よく利用するパターンは、保存しておくことができます。
    保存したパターンは、右側の「▼」ボタンをクリックすれば、以下のようにメニューで一覧が表示されます。


    パターンの保存や管理については、「パターンの管理を行う」を参考にしてください。

1.「Original file name pattern」と連携するパターン

  「Original file name pattern」と連携するパターンです。
  既存のファイルやフォルダー名を使用するパターンになります。

  「Original file name pattern」では、「{ }」を用いてパターンを指定しています。
  「Original file name pattern」で指定した「{ }」に対応したパターンを、「Renamed file name pattern」で指定する場合は、「{番号}」で指定します。

  パターンの例

    パターンの例です。
    ここでは上記の「Original file name pattern」で使用したパターンを利用して例を紹介します。

    上記の「Original file name pattern」で指定したパターンを「Renamed file name pattern」で利用する場合、番号は以下のようになります。

  1. アルファベット
  2. 数値
  3. アルファベット
  4. 数値
  5. アルファベット

    ファイル名に置き換えると、以下のようになります。

  1. abcd
  2. 1234
  3. efgh
  4. 5678
  5. txt

    ここでは例として、以下のようにパターンを指定しました。


    「Renamed file name pattern」で指定する「{ }」内の番号は、順不同でも構いませんし、同じ番号を複数指定することもできます。

    また、他のパターンと併用することもできます。

  名称のプレビュー

    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


2.連番を指定するパターン

  連番を指定するパターンです。

  このパターンを指定した箇所は、数値に置き換わります。
  数値の順番は、ファイルやフォルダーの一覧に表示されているファイルやフォルダー順番です。

  連番を指定するパターンには、以下の4種類があります。

No. 意味 パターン
1 0から連番を指定する {num}
2 桁数を指定して連番を指定する {num桁数}
3 初期値を指定して連番を指定する {num+初期値}
4 桁数と初期値を指定して連番を指定する {num桁数+初期値}

  2-1.0から連番を指定する

    0から連番を指定するパターンは、「{num}」です。
    ここでは例として以下のように入力しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  2-2.桁数を指定して連番を指定する

    桁数を指定して連番を指定するパターンは、「{num桁数}」です。
    ここでは例として、2桁を指定しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。


  2-3.初期値を指定して連番を指定する

    初期値を指定して連番を指定するパターンは、「{num+初期値}」です。
    ここでは例として、初期値に11を指定しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。 


  2-4.桁数と初期値を指定して連番を指定するパターンの例

    桁数と初期値を指定して連番を指定するパターンは、「{num桁数+初期値}」です。
    ここでは例として、桁数に2を指定し、初期値に21を指定しました。


    「Preview」ボタンをクリックして名称のプレビューを行うと、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション