kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Gitで管理されるファイルの状態

  「Git」では、Gitで管理されるファイル(プロジェクトで使用するファイル)に、以下の3種類のファイルの状態を定義しています。


  この状態の違いは、ユーザーが「Git」でファイルを操作する上で大切な概念になります。

  1. コミットされた状態
  2. 変更された状態
  3. ステージされた状態

1.コミットされた状態(Committed)

  ファイルが「オブジェクトデータベース」に保存されている状態です。
  ユーザーがコミットすると、ファイルが「オブジェクトデータベース」に保存され、コミットされた状態になります。


  言い換えれば、ファイルが「スナップショット」に保存されている状態です。

2.変更された状態(Modified)

  ファイルが編集されている状態です。

  まだ「オブジェクトデータベース」にファイルをコミットしておらず、「オブジェクトデータベース」に保存されているファイルの中身と異なっている状態です。


  新規に作成したファイルなら、「オブジェクトデータベース」にそのファイルは存在していません。

3.ステージされた状態(Staged)

  「2.変更されたファイル」を、次のコミットで「オブジェクトデータベース」に保存する状態のファイルです。


  ステージとは

    コミットを行うには、一旦編集したファイルをステージする必要があります。
    コミット時、ステージされたファイルが「スナップショット」に保存されます。

    ユーザーはファイルを編集後、そのファイルを「スナップショット」に保存する際、そのファイルに「次のコミットでスナップショットに保存する」マークを設定します。

    このマークを付けることを、「ステージする」と表現します。
    また、このマークが設定された状態を、「ステージされた状態」と表現します。

  編集が完了したファイルをステージする

    ステージされたファイルとは、簡潔に言えば編集済みのファイルのことです。
    編集途中・作業途中のファイルではなく、もうこれ以上編集する必要がない、作業する必要がないファイルのことです。

    ユーザーは、編集途中・作業途中のファイルを「ステージされた状態」にすることは、ほとんどありません。

    ファイルをステージすると、ファイルは、コミットするまで仮の「スナップショット」に保存されます。

    「ステージングエリア」も参考にしてください。

  ファイルをスナップショットに保存するには、ファイルをステージする必要がある

    ファイルを「スナップショット」に保存するには、ファイルを「ステージされた状態」にする必要があります。
    ここでコミットの準備が行われます。 
    ステージされたファイルは、コミット対象のファイルと言い換えることもできます。


    「ステージされた状態」のファイルをコミットすれば、そのファイルの状態は「1.コミットされた状態」になります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション