kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

SSHプロトコルを使用して、リモートリポジトリーをクローンする

  「SSHプロトコル」を使用して、「リモートリポジトリー」をクローンします。

  ここでは、予めSSHサーバ及びSSHクライアントのインストールや設定を行っており、ユーザー認証は「ユーザー名 + パスワード」で行います。

  SSHの設定に関しては、「Git」で設定するものではないため、省略します。

  リモートリポジトリーの指定方法について

    「リモートリポジトリー」は、以下の記述で指定します。

ssh://ユーザー名@サーバーのアドレス:ポート番号/リモートリポジトリーのパス

    ユーザー名を省略した場合、現在ログインしているユーザー名が使用されます。
    サーバーのアドレスは、ホスト名でもIPアドレスでも良いです。
    ポート番号を省略した場合は、22が使用されます。

  SCPライクな記述も可能

    「リモートリポジトリー」の指定に、SCPライクな記述も可能です。
    以下の記述で指定します。

ユーザー名@サーバーのアドレス:ポート番号/リモートリポジトリーのパス

    ユーザー名を省略した場合、現在ログインしているユーザー名が使用されます。

  1.ローカルリポジトリーの配置場所

    ここでは例として、「~/ドキュメント/git」フォルダー内に「myCloneProject」フォルダーを作成してもらい、「myCloneProject」フォルダー内にリポジトリーをクローンします。


  2.カレントディレクトリーの移動

    「端末」を起動し、カレントディレクトリーを「~/ドキュメント/git」に移動します。


  3.コマンドの実行

    「リモートリポジトリー」をクローンします。
    コマンドの説明は、「リモートリポジトリーをクローンするコマンドの説明」を参考にしてください。

    ここでは、以下のコマンドを実行します。

git clone ssh://ubuntu@192.168.56.10/~/git/mySharedProject myCloneProject


  4.パスワードの入力

    サーバーにログインするユーザーのパスワードを入力します。


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、「リモートリポジトリー」がクローンされます。


  6.フォルダーの確認

    「Nautilus」を起動し「~/ドキュメント/git」フォルダーを見ると、以下のように「myCloneProject」フォルダーが作成されています。


  7.myCloneProjectフォルダーの確認

    「myCloneProject」フォルダーを開くと、クローンされたリポジトリーが配置されています。


    「.git」フォルダーが、「Gitディレクトリー」です。
    「myCloneProject」フォルダーが、「ワーキングディレクトリー」です。

    それ以外のファイルは、チェックアウトされたプロジェクトのファイルです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション