kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リポジトリーとは

  リポジトリーとは、プロジェクトで使用するファイル群や、それらのファイルを管理する情報を収めるものです。


  「Git」は、このリポジトリーと連携して動作します。 
  また「Git」では、このリポジトリーが管理単位になります。

  通常、1つのプロジェクトに1つのリポジトリーを作成し、「Git」でプロジェクトのファイル群を管理します。

  プロジェクトで使用するファイルはリポジトリーに登録する

    プロジェクトで使用するファイルはリポジトリーに登録します。
    リポジトリーに登録されたファイルは、「Git」で管理されるようになります。

    「Git」で管理されるファイルは、変更履歴の管理が行われるようになり、他のユーザーとファイルを共有することができます。

  リポジトリーの作成とコピー

    「Git」でプロジェクトのファイル群を管理するにあたり、まずリポジトリーを新規に作成するか、既存のリポジトリーをコピーする必要があります。


    自分がサーバーになり、リポジトリーを他のユーザーに公開する場合は、リポジトリーを新規に作成します。
    自分専用のリポジトリーを作成する時も同様です。

    一方、プロジェクトに参加するユーザーは、他のリポジトリー(通常はネットワーク上のサーバー)からリポジトリーを丸ごとコピーします。

    プロジェクトに参加するユーザーは、リポジトリーのコピーから作業を開始します。

オブジェクトデータベースとは

  「オブジェクトデータベース」は、プロジェクトで使用するファイル群やファイルの履歴など、様々なデータを格納しています。


  プロジェクトで使用するファイルの取得や保存などは、この「オブジェクトデータベース」に対して行います。

  オブジェクトデータベースの配置場所

    「オブジェクトデータベース」はリポジトリー内に配置されます。
    ユーザーが「オブジェクトデータベース」の配置場所を気にする必要はありません。

  スナップショットはオブジェクトデータベースに保存される

    「スナップショット」は「オブジェクトデータベース」に保存されます。
    「オブジェクトデータベース」に保存される主なデータは、「スナップショット」です。

    また「スナップショット」に関係するデータも、「オブジェクトデータベース」に保存されます。

  オブジェクトデータベースの操作はgitが行う

    ユーザーは、ファイルを取得する「スナップショット」の指定や、「スナップショット」に保存するファイルの指定などを行います。
    ユーザーが直接「オブジェクトデータベース」を操作することはありません。

  「スナップショット」の作成や保存など「オブジェクトデータベース」へのアクセスや操作は、「git」が行います。


  データは圧縮される

    「オブジェクトデータベース」に格納するデータは、zlib圧縮されて格納されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション