kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

タグ(Tag)

  「スナップショット」には、「タグ」をつけることができます。
  「タグ」は「スナップショット」に付ける名前みたいなものです。


  リリースしたソフトウェアのビルドに使用した「スナップショット」など、重要な「スナップショット」に「タグ」をつけると、後で「スナップショット」を有効に活用できます。

  タグの例

    例えば、以下のようにタグを作成します。
    それぞれのアプリのバージョンに対応した「タグ」です。

タグ名 概要
Ver1.0 アプリのバージョン1.0のリリースで使用したスナップショット
Ver2.0 アプリのバージョン2.0のリリースで使用したスナップショット
Ver3.0 アプリのバージョン3.0のリリースで使用したスナップショット

    「タグ」から「スナップショット」を特定できるため、バージョン1.0で使用したプロジェクトのファイル群が欲しければ、タグ名の「Ver1.0」を指定してプロジェクトのファイル群を取得できます。

  タグはGitオブジェクトの参照

    「タグ」は「Gitオブジェクト」への参照です。
    通常は「コミットオブジェクト」を指し「スナップショット」を特定するために利用されますが、「ブロブオブジェクト」など他の「Gitオブジェクト」を指すこともできます。

  2種類のタグ

    「タグ」には、以下の2種類の「タグ」があります。


  • 軽量タグ(Lightweight Tag)
  • 注釈付きのタグ(Annotated Tag)

    「スナップショット」に「タグ」をつける際、この2種類の「タグ」は明確に区別されます。
    明確に区別されますが、混在して利用することはできます。

    違いは、「タグ」に含まれる情報です。

軽量タグ(Lightweight Tag)

  「軽量タグ」の情報には、「スナップショット」につける名前が含まれています。


  「注釈付きのタグ」と比べると、「タグ」に含まれる情報は非常に少ないです。

  「タグ」に含まれる情報の少なさから、一時的に使用する時や、ユーザーが自分の環境でタグを付けたいときに利用します。

注釈付きのタグ(Annotated Tag)

  「注釈付きのタグ」には、「スナップショット」につける名前や、「タグ」をつけたユーザーの情報や「タグ」の概要など多くの情報が含まれています。

  「タグ」をつけたユーザーのPGPを含むこともできます。


  サーバーのリポジトリーなど、本番運用する「スナップショット」に「タグ」をつけるときは、「注釈付きタグ」を利用します。

軽量タグと注釈付きタグの扱いについて

  「git」コマンドでは、「軽量タグ」と「注釈付きタグ」は区別されます。

  「git」コマンドによっては、デフォルトで「注釈付きタグ」のみを操作対象にするコマンドもあります。
  もちろんオプションを指定することで、「軽量タグ」も操作対象にすることができます。

  これは、「軽量タグ」と「注釈付きのタグ」の使用目的から、多くのユーザーが操作対象として期待するであろう「タグ」が、「注釈付きタグ」であるためです。

サーバにタグを反映するときは

  「タグ」をサーバに反映する時は、「タグ」の反映を明示する必要があります。
  「タグ」をサーバに反映するコマンドを、別途実行する必要があるということです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション