kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リモートリポジトリーをまとめてフェッチするコマンドの説明

  「git remote」コマンドは、「リモートリポジトリー」をまとめてfetchすることができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git remote <情報出力オプション> update <オプション> <グループ名>

  情報出力オプション(-v, --verbose)

    詳細情報を出力するオプションです。
    このオプションは省略可能です。

  オプション(-p, --prune)

    存在しない「リモートブランチ」の「リモートトラッキングブランチ」を削除します。
    「削除されたリモートブランチのリモートトラッキングブランチを削除する」の実行と同じです。
    このオプションは省略可能です。

    このプションの使用例は、「リモートリポジトリーをまとめてフェッチし、削除されたリモートブランチのリモートトラッキングブランチを削除する」を参考にしてください。

  グループ名

    fetch対象の「リモートリポジトリー」を記述したグループ名を指定します。
    グループは、設定ファイルの「remotes」セクションに記述します。

    また、グループ名の代わりに、リモートリポジトリー名を指定することもできます。

    いずれも複数指定することができます。
    複数指定する場合は、スペース区切りで記述します。
    グループ名は省略可能です。

グループ名を省略した場合

  グループ名を省略した場合、「remotes」セクションに記述されている「default」グループが指定されたものとして扱われます。

  「default」グループが記述されていなかった場合、「リモートリポジトリー」の設定を記述する各「remote」セクションで、「skipDefaultUpdate」が「true」になっていない「リモートリポジトリー」がfetchの対象になります。

リモートリポジトリーをまとめてフェッチする

  リモートリポジトリーをまとめてフェッチします。

  1.グループの設定

    設定ファイルに「mygroup」グループを記述しています。

[remotes]
    mygroup = origin myAnotherProject

  2.リモートリポジトリーの確認

    現在「ローカルリポジトリー」登録されている「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git remote --verbose update mygroup


  4.コマンドの実行結果

    「mygroup」設定に記述された「リモートリポジトリー」に対してfetchが行われます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション