kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートリポジトリーをまとめてフェッチし、削除されたリモートブランチのリモートトラッキングブランチを削除する

  「リモートリポジトリー」をまとめてフェッチし、「リモートリポジトリー」から削除された「リモートブランチ」の「リモートトラッキングブランチ」を削除します。

  1.グループの設定

    設定ファイルに「mygroup」グループを記述しています。

[remotes]
    mygroup = origin myAnotherProject

  2.リモートリポジトリーの確認

    現在「ローカルリポジトリー」登録されている「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のようになっています。


    「origin/sub」が「stale」になっています。
    これは、「origin」リモートリポジトリーから「sub」ブランチが削除されていることを示しています。

  3.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「origin」リモートリポジトリーから「sub」ブランチが削除されていますが、「origin/sub」リモートトラッキングブランチは有効です。

  4.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-p --prune

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「リモートリポジトリーをまとめてフェッチするコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git remote --verbose update --prune mygroup


  5.コマンドの実行結果

    「mygroup」設定に記述された「リモートリポジトリー」に対してfetchが行われます。


    「origin/sub」リモートトラッキングブランチは削除されたと表示されています。

  6.リモートリポジトリーの確認

    「リモートリポジトリー」を確認すると、「origin/sub」が削除されています。


  7.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、「origin/sub」リモートトラッキングブランチが削除されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション