kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コミットオブジェクトをチェックアウトするコマンドの説明

  「git checkout」コマンドは、「コミットオブジェクト」を直接「チェックアウト」することもできます。

  「コミットオブジェクト」をチェックアウトすると、「HEAD」は分離したHEADになります。 
  「コミットオブジェクト」をチェックアウトすれば、任意の「スナップショット」からプロジェクトのファイル群を「ワーキングディレクトリー」に展開することができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git checkout  <オプション> --detach <コミットオブジェクト>

チェックアウトに関するオプション

  チェックアウトに関するオプションは、「ローカルブランチをチェックアウトするコマンドの説明」と同じオプションが使用できます。
  使用できるオプションの一覧やオプションの使用例は、上記を参考にしてください。

コミットオブジェクト

  チェックアウトする「コミットオブジェクト」を指定します。
  「コミットオブジェクト」を指す参照で指定することもできます。

  以下の指定方法が利用できます。

  1. ブランチ名
  2. タグ名
  3. コミットオブジェクトの識別子
  4. HEAD

  1.ブランチ名

    ブランチが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  2.タグ名

    タグが指す「コミットオブジェクト」を指定します。

  3.コミットオブジェクトの識別子

    直接「コミットオブジェクト」の識別子を指定します。
    コミットオブジェクトの識別子は、4文字以上を入力します。

  4.HEAD

    「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」を指定します。
    「コミットオブジェクト」の指定を省略した時は、「HEAD」が指定された時と同じ動作を行います。

  補足

    このオプションにブランチを指定する場合は、「--detach」オプションの指定が必須です。
    このオプションにブランチ以外を指定する場合は、「--detach」オプションの省略が可能です。
   

コミットオブジェクトをチェックアウトする

  「コミットオブジェクト」を「チェックアウト」します。
  ここでは例として、「sub」ブランチの「ブランチヘッド」が指す「コミットオブジェクト」を指定し、プロジェクトのファイル群を「ワーキングディレクトリー」に展開します。

  1.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git checkout --detach sub


  3.コマンドの実行結果

    以下のようにメッセージが表示され、「sub」ローカルブランチが指す「コミットオブジェクト」が「チェックアウト」されます。


  4.ブランチの確認

    ブランチを確認すると、以下のように分離した「HEAD」になっていることが分かります。


    また分離した「HEAD」は、「49a19c5」コミットオブジェクトを指しています。
    これは「sub」ブランチが指すコミットオブジェクトの識別子と同じです。

    ここからコミットを行うことも可能ですが、もし新たな変更を行うのであれば、ここを起点としてブランチを作成するのが良いです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション