kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

スナップショットから、プロジェクトの特定のファイルをワーキングディレクトリーに展開する

  「スナップショット」から、プロジェクトの特定のファイルを「ワーキングディレクトリー」に展開します。

  ここでは例として、一つ前の「スナップショット」から「test.txt」ファイルを「ワーキングディレクトリー」に展開します。

  注意

    すでに「ワーキングディレクトリー」内に同名のファイルが存在する場合、それらのファイルは「スナップショット」から取得したファイルで上書きされます。

  1.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    「*」マークが付いている「master」ローカルブランチが、現在のブランチであることが分かります。
    従って「HEAD」は「master」ローカルブランチを指しています。

  2.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。


    「test.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットから、特定のプロジェクトのファイルをワーキングディレクトリーに展開するコマンドの説明」を参考にしてください。

git checkout HEAD^ test.txt


  4.コマンドの実行結果

    問題がなければ、特にメッセージは表示されません。


  5.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
    ファイル構成は同じですが、「test.txt」ファイルのみ、中身が1つ前の「スナップショット」から取得したファイルになっています。


    「test.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション