kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ステージングエリアにあるファイルの情報を、ワーキングディレクトリーにあるファイルの情報で更新する

  「ステージングエリア」にあるファイルの情報を、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの情報で更新します。

  ファイルの情報とは、ファイルの作成日時やファイルのアクセス権など、ファイルのメタデータのことです。


  ファイルの中身は関係しません。
  これらファイルの情報は、「ステージングエリア」にファイルを追加した時に更新されます。
  

  ファイルの情報はstatから取得される

    ファイルの情報はstatから取得されます。


  Gitが把握しているファイルの情報

    Gitが把握しているファイルの情報は、以下のように確認できます。


  任意のタイミングでファイルの情報を更新する

    「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの情報を更新した時に、必要に応じて「ステージングエリア」にあるファイルの情報を更新することができます。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
    ここでは例として、「ワーキングディレクトリー」の「master.txt」を対象にします。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--refresh
 
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは赤字の箇所です。 

git add --refresh '*'


  4.コマンドの実行結果

    問題がなければ、特にメッセージは表示されません。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション