kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ステージングエリアにフォルダー内のファイルをすべて追加する 

  「ステージングエリア」にフォルダー内のファイルを追加します。
  「ステージングエリア」に追加されるファイルは、フォルダー内の全てのファイルが対象になります。

  再帰的にフォルダー内のサブフォルダーも操作対象になります。  
  

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

 git add --verbose sub1/


  4.コマンドの実行結果

    「ワーキングディレクトリー」にある「sub」フォルダー内のすべてのファイルが、「ステージングエリア」に追加されたと表示されます。


  5.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「sub」フォルダー内のすべてのファイルがステージされたファイルになっていることが分かります。


    フォルダー自身の追加は行われません。
    「ステージングエリア」に追加されたファイルは、パス付きで情報が保存されるためです。
    「チェックアウト」時、このパス情報からフォルダー構成が構築されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション