kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを削除するコマンドの説明

  「git rm」コマンドは、「ワーキングディレクトリー」や「ステージングエリア」からファイルを削除するコマンドです。


  「ステージングエリア」から削除されたファイルは、次回コミット時「スナップショット」に格納されなくなります。

  補足

    トラックされていないファイルは削除対象外です。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git rm <オプション> <ファイル名>

  このコマンドの基本的な使い方は、以下を参考にしてください。


実行テストに関するオプション

  実行テストに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  実行テストを行う(-n, --dry-run)

    コマンドの実行テストを行います。

    このオプションを指定すると、どのファイルが削除されるのか、事前に確認することができます。

    このオプションの使用例は、「ワーキングディレクトリーやステージングエリアから削除されるファイルを確認する」を参考にしてください。

ファイルの削除に関するオプション

  ファイルの削除に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  フォルダー内の全てのファイルを削除する(-r)

    フォルダー内の全てのファイルを削除します。
    「ファイル名」オプションにフォルダー名を指定する場合は、このオプションを指定します。

    このオプションの使用例は、「フォルダー内のすべてのファイルを、ワーキングディレクトリーとステージングエリアから削除する」を参考にしてください。 

  ファイルを強制的に削除する(-f, --force)

    編集されているファイルなど、「チェックアウト」後に操作を行ったファイルは削除できません。
    このオプションを指定すれば、強制的にファイルを削除することができます。

    このオプションの使用例は、「ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを強制的に削除する」を参考にしてください。

  ファイルをステージングエリアから削除する(--cached)

    ファイルを「ステージングエリア」から削除します。
    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは削除されず、トラックされていないファイルになります。

    このオプションの使用例は、「ファイルをステージングエリアから削除する」を参考にしてください。

その他のオプション

  その他のオプションです。

  削除するファイルがなくても、コマンドの戻り値に0を返す(--ignore-unmatch)

    削除するファイルがなくても、コマンドの戻り値に0を返します。
    シェルスクリプトから「git rm」コマンドを呼び出す時に利用します。

  メッセージの出力を抑制する(-q, --quiet)

     このオプションを指定すると、削除するファイルの一覧を表示しません。

ファイル名

  「ワーキングディレクトリー」や「ステージングエリア」から削除するファイルのファイル名を指定します。

  複数のファイルを指定する場合は、スペース区切りでファイル名を指定します。

  ファイル名にスペースが含まれる場合など、ファイル名を正しく認識させるには、「'」でファイル名を括ってください。

  例:'test.txt'

  パスの指定について

    サブフォルダー以下のファイルを指定する場合は、パスの記述を行います。
    例:src/main.c

  ファイル名を明示する場合は

    コマンドのオプションとファイル名が同じ場合など、ファイル名の指定であることを明示するには、「--」オプションをファイル名の前に記述します。

    「ファイル名の指定を明示して、ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを削除する」を参考にしてください。

  ワイルドカードによる指定

    ワイルドカードによる指定も可能です。
    例えば、「'*.txt'」のように記述することも可能です。

    ワイルドカードによるファイル名の指定は、「ワイルドカードを利用して、ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを削除する」を参考にしてください。

  フォルダーの指定も可能

    「ファイル名」にフォルダーを指定することもできます。

    フォルダーを指定すると、フォルダー内の全てのファイルが対象になります。
    再帰的に、フォルダー内のフォルダーも対象にすることもできます。

    特定のサブフォルダーを指定したい場合は、ファイル同様パス付きでフォルダーを指定してください。

    フォルダーの指定は、「フォルダー内のすべてのファイルを、ワーキングディレクトリーとステージングエリアから削除する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション