kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

バージョン番号でタグを並び替えて表示する

  バージョン番号でタグを並び替えて表示します。
  タグ名をバージョン番号とみなして、並び替えを行います。

  事前に以下の設定で、リリースステージの指定を行っておきます。

  • versionsort.prereleaseSuffix


  この設定を行っておくと、rcやtpなど本リリースより前に行われたリリースを、リリース順に従って並び替えることができます。

コマンドのオプション

  コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--sort=
  • refname
  • version:refname(v:refname)

  refname

    アルファベット順で並び替えを行います。
    デフォルトです。

  -refname

    アルファベットの逆順で並び替えを行います。
 

  version:refname(v:refname)

    タグ名をバージョン番号とみなして、並び替えを行います。

  -version:refname(-v:refname)

    タグ名をバージョン番号とみなして、逆順に並び替えを行います。

アルファベット順で並び替えを行うコマンドの実行例

  アルファベット順で並び替えを行うコマンドの実行例です。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグの一覧を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --sort=refname


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、アルファベット順で並び替えが行われ、タグの一覧が表示されます。


バージョン番号で並び替えを行うコマンドの実行例

  バージョン番号で並び替えを行うコマンドの実行例です。

  1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「タグの一覧を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git tag --sort=version:refname


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、バージョン番号で並び替えが行われ、タグの一覧が表示されます。


    「versionsort.prereleaseSuffix」設定で「-rc」を指定しているため、「v1.0」タグよりも前に「v1.0-rcX」タグが表示されています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション