kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コミットオブジェクトのPGP署名の検証を行い、マージを行う

  「コミットオブジェクト」のPGP署名の検証を行ってから、マージを行います。

  PGP署名の検証に失敗した場合

    「コミットオブジェクト」にPGP署名がない場合や、「コミットオブジェクト」のPGP署名が信用されていない、もしくは、署名が検証できなかった場合は、マージを行いません。

    例えば署名が信用できない署名だった場合、以下のようにエラーになります。


  コミットオブジェクトのPGP署名を検証する

     コマンドのオプションの「マージするコミットオブジェクト」に、署名されている「注釈付きのタグ」を指定しても、タグのPGP署名は検証対象になりません。

    PGP署名の検証は、「コミットオブジェクト」に署名されたPGP署名が検証対象になるためです。

    従って、署名されている「注釈付きのタグ」を指定した場合、そのタグが指す「コミットオブジェクト」の署名が検証の対象になります。

    これは、タグ以外の場合も同様です。

署名の確認

  ここでは例として、すでに署名済みの「コミットオブジェクト」をマージします。
  署名の状況は、以下のようになっています。

  1.署名者の公開鍵

    署名者の公開鍵を自分の環境にインポートしています。
    署名者は、「kledgeb」です。


    署名者の公開鍵は信用済みになっています。

  2.署名者の公開鍵のプロパティー

    署名者の公開鍵のプロパティは、以下のようになっています。


  3.コミットオブジェクトの署名

    「マージするコミットオブジェクト」に指定する「コミットオブジェクト」の署名は、以下のようになっています。
    正しい署名として認識されています。


コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  ここでは例として、「master」ブランチに「fix」ブランチをマージします。
  「fix」ブランチのブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」は、上記の通り正しい署名がなされています。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの状態

    ブランチの状態を図にすると、以下のようになります。


    見ての通り、この状態で「master」ブランチに「fix」ブランチをマージすると、「3ウェイマージ」によるマージになることが分かります。

  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--verify-signatures

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルのマージを行うコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git merge --verify-signatures --verbose fix


  4.コミットメッセージの入力

    「3ウェイマージ」によるマージが行われ、かつ、「マージコンフリクト」が発生しなかったため、「マージコミット」が行われます。

    通常のコミットと同様に「コミットメッセージ」を入力します。


    「コミットメッセージ」を入力したら、ファイルを上書き保存してテキストエディターを終了します。

  5.コマンドの実行結果

    「3ウェイマージ」によるマージの結果が表示されます。
    また、PGP署名の検証結果が表示されます。


  6.マージ後のブランチの確認

    マージ後のブランチを確認すると、以下のようになっています。


    「master」ブランチの「ブランチヘッド」が指す「コミットオブジェクト」の識別子は、「マージコミット」で生成した「コミットオブジェクト」を指しています。

  7.マージ後のブランチの状態

    マージ後のブランチの状態を図にすると、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション