kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

マージを中止し、マージ前の状態に戻す

  マージを中止し、マージ前の状態に戻します。
  マージの中止は、「マージコンフリクト」発生時に中止できます。

  マージ完了後に、マージを中止することはできません。

  Octopusマージストラテジーでマージを中止する場合

    「Octopusマージストラテジー」でマージに失敗した場合、この方法ではなく、「Octopusマージストラテジーでマージを中止する」方法で、マージを中止してください。

    3つ以上のブランチをマージする場合、「Octopusマージストラテジー」によるマージになります。

マージコンフリクトの発生状況

  まず、「マージコンフリクト」が発生する状況を見てみます。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


    ここでは例として、「master」ブランチに「fix」ブランチをマージします。

  2.ブランチの状態

    ブランチの状態を図にすると、以下のようになります。


  3.masterブランチのcommon.txtファイル

    ここでは例として、「マージコンフリクト」が発生する「common.txt」ファイルに着目します。
    「master」ブランチの「common.txt」ファイルの内容は、以下のようになっています。


  4.fixブランチのcommon.txtファイル

    同様に「fix」ブランチの「common.txt」ファイルの内容は、以下のようになっています。


  5.マージする

    「master」ブランチに「fix」ブランチをマージします。


  6.マージコンフリクトの発生

    以下のように、「common.txt」ファイルで「マージコンフリクト」が発生します。


  7.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のように「common.txt」ファイルで「マージコンフリクト」が発生していることが分かります。


  8.common.txtファイルの内容

    「マージコンフリクト」が発生した「common.txt」ファイルの内容を見ると、以下のようにコンフリクトが発生した箇所に「コンフリクトマーカー」が挿入されています。


    ユーザーは、マージを中止するか、 「マージコンフリクト」を解消してコミットを行うか判断します。

マージを中止する

  上記の状態からマージを中止し、マージ前の状態に戻します。

  9.マージの中止

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--abort

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルのマージを行うコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git merge --abort


  10.マージの中止完了

    マージの中止が正常に完了すれば、特にメッセージは表示されません。


  11.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようにマージ前のクリーンな状態に戻っています。

  12.common.txtファイルの内容

    「8.」で「マージコンフリクト」が発生した「common.txt」ファイルの内容を見ると、以下のように元の内容に戻っています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション