kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示するコマンドの説明

  「git status」コマンドは、「ワーキングディレクトリーワーキングツリー)」にあるファイルの状態を表示するコマンドです。


  また、「マージコンフリクト」発生時は、「マージコンフリクト」の状態を表示します。

  いずれも、「ワーキングディレクトリー」内のファイルの状態を確認することができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git status <オプション> <ファイル名>

  このコマンドの基本的な使い方は、以下を参考にしてください。


表示フォーマットに関するオプション

  表示フォーマットに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  ショートフォーマットで表示する(-s, --short)

    ショートフォーマットでファイルの状態を表示します。
    1行1ファイルでファイルの状態が表示されます。

    このオプションの使用例は、以下を参考にしてください。


  ロングフォーマットで表示する(--long)

    ロングフォーマットでファイルの状態を表示します。
    ファイルの状態ごとにファイルが表示されます。

    このオプションの使用例は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を、ロングフォーマットで表示する」を参考にしてください。

  スクリプト向けフォーマットで表示する(--porcelain)

    スクリプト向けフォーマットでファイルの状態を表示します。
    シェルスクリプトなど、プログラムからファイルの状態を解析したい時に利用します。

    このオプションの使用例は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を、スクリプト向けフォーマットで表示する」を参考にしてください。

  改行コードの代わりにNULで出力する(-z)

    デフォルトでは、出力される情報は改行(LF)して表示されます。
    このオプションを指定すると、改行コードの代わりにNULで情報を出力します。
    また、一部フォーマットが変更されます。

    スクリプト向けフォーマットでのみ使用できます。
    シェルスクリプトなど、プログラムからファイルの状態を解析したい時に利用します。

    このオプションの使用例は、「改行コードの代わりにNULで情報を出力する」を参考にしてください。

表示する情報に関するオプション

  表示する情報に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  ブランチの情報を表示する(-b, --branch)

    ファイルの状態に現在のブランチの情報を表示します。

    このオプションの使用例は、「ファイルの状態に、現在のブランチの情報を表示する」を参考にしてください。

  トラックされていないファイルの表示方法を制御する(-u, --untracked-files)

    トラックされていないファイルの表示方法を制御します。

    このオプションの使用例は、「トラックされていないファイルの表示を制御する」を参考にしてください。

  トラックされていないファイルのカラム表示を制御する(--column, --no-column)

    トラックされていないファイルのカラム表示を制御します。
    このオプションは、ロングフォーマットで使用します。

    このオプションの使用例は、「トラックされていないファイルのカラム表示を制御する」を参考にしてください。

  gitignoreで無視されるファイルを表示する(--ignored)

    デフォルトでは、「gitignore」の対象になるファイルは表示されません。
    このオプションを使用すれば、「gitignore」の対象になるファイルも表示されます。

    このオプションの使用例は、「gitignoreで無視されるファイルを表示する」を参考にしてください。

サブモジュールに関するオプション

  サブモジュールに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  サブモジュールのファイルの変更検出内容を制御する(--ignore-submodules)

    サブモジュールが存在する場合、デフォルトでは、サブモジュール内のファイルの変更や状態を検出します。
    このオプションを指定すると、検出するファイルの変更内容を制御できます。

    このオプションの使用例は、「サブモジュールのファイルの変更検出内容を制御する」を参考にしてください。

差分の表示に関するオプション

  差分の表示に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  ステージングエリアにあるファイルとスナップショットにあるファイルの差分を表示する(-v, --verbose)

    「ステージングエリア」にあるファイルと「スナップショット」にあるファイルの差分を表示します。

    このオプションの使用例は、「ステージングエリアにあるファイルとスナップショットにあるファイルの差分を表示する」を参考にしてください。

  ステージングエリアにあるファイルとワーキングディレクトリーにあるファイルとスナップショットにあるファイルの差分を表示する(-vv, --verbose --verbose)

    「ステージングエリア」にあるファイルと、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルと、「スナップショット」にあるファイルの差分を表示します。

    このオプションの使用例は、「ステージングエリアにあるファイルと、ワーキングディレクトリーにあるファイルと、スナップショットにあるファイルの差分を表示する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション