kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示する

  「ワーキングディレクトリーワーキングツリー)」と「ステージングエリア」にあるファイルの状態を表示します。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

git status


  3.コマンドの実行結果

    以下のように、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの状態が表示されます。


ファイルの状態の見方

  「git status」コマンドで表示されるファイルの状態の見方です。
  ファイルの状態により、以下の3つのカテゴリーに分けて表示されます。

  1. Changes to be committed
  2. Changes not staged for commit
  3. Untracked files

  上記のいずれにも表示されないファイルは、変更されていないファイルです。

1.Changes to be committed

  ユーザーがコミットを実行すると、「スナップショット」が新規に作成されます。
  その新規に作成される「スナップショット」に反映されるファイルの一覧が表示されます。

  ここに表示されるファイルは、現在の「スナップショット」との変更点になります。
  緑色の文字で表示されます。

  1-1.new file

    「スナップショット」に新規に追加されるファイルです。

  1-2.modified

    編集された既存のファイルです。
    編集されたファイルが「スナップショット」に取り込まれます。

    スナップショットに取り込まれる編集されたファイルは、現在「ステージングエリア」に反映されているファイルです。
    「ワーキングディレクトリー」にあるファイルではありません。

    従って、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルを編集して「スナップショット」に反映したいなら、コミット前にそのファイルを「ステージングエリア」に追加しておく必要があります。

  1-3.renamed

    ファイル名が変更されるファイルです。

  1-4.deleted

    「スナップショット」から削除されるファイルです。

2.Changes not staged for commit

  現在の「スナップショット」から変更されており、かつ、「ステージングエリア」に反映されていないファイルの一覧が表示されます。

  「ステージングエリア」に反映されていないため、コミットを行っても、「スナップショット」に反映されません。

  2-1.modified

    編集された既存のファイルです。

  2-2.deleted

    「ワーキングディレクトリー」から削除されているファイルです。

3.Untracked files

  トラックされていないファイルの一覧が表示されます。

  トラックされていないファイルは、「Git」の管理下にありません。
  また、「スナップショット」に反映されません。

  トラックされていないファイルを「ステージングエリア」に追加すれば、「スナップショット」に反映されるようになります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション