kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

gitignoreで無視されるファイルを表示する

  デフォルトでは、「gitignore」の対象になるファイルは表示されません。
  「gitignore」の対象になるファイルを表示することもできます。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」は、以下のようになっています。


    上記のファイルのうち、「untracked.file」ファイルと「untracked.txt」ファイルは、トラックされていないファイルです。

  2.gitignoreの中身

    「.gitignore」ファイルの中身は、以下のようになっています。


    ファイルの拡張子が「.txt」であるトラックされていないファイルは、「Git」から無視されます。

  3.ワーキングディレクトリーの状態

     「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになります。


    「untracked.file」ファイルは、トラックされていないファイルであると表示されています。
    一方、「untracked.txt」ファイルは「Git」から無視されるため、上記に表示されません。

  4.コマンドの実行

    「gitignore」の対象になるファイルも表示します。
    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--ignored

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git status --ignored


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、「Ignored files」に「gitignore」の対象になるファイルが表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション