kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

改行コードの代わりにNULで情報を出力する

    デフォルトでは、出力される情報は改行(LF)して表示されます。


    スクリプト向けフォーマットでは、改行コード(LF)の代わりにNULで情報を出力することもできます。

  1.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
-z

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を表示するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git status -z


  2.コマンドの実行結果

    以下のように、改行コード(LF)の代わりにNULで情報が出力されます。


    上記の出力は途中で途切れていますが、「NUL」を「¥00」で表現すると以下のようになります。

D  master.txt\00A  new.txt\00R  renamed.txt\00common.txt\00?? master.txt\00?? tes.txt\00?? untracked.txt\00

  補足

    一部フォーマットが変わります。

    ファイル名が変更されたファイルは、従来は「変更前のファイル名 -> 変更後のファイル名」で表現されていましたが、このフォーマットでは、変更後のファイル名と変更前のファイル名がNUL区切りで表現されます。

    また同様に、ファイル名に表現できない文字が含まれるファイル名は、従来は「"」で括られエスケープされていましたが、このフォーマットでは括られませんし、エスケープも行われません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション