kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

チェックアウトするブランチを指定して、サブモジュールを追加する

  チェックアウトするブランチを指定して、サブモジュールを追加します。

  「サブモジュール」追加時、指定したブランチからチェックアウトが行われます。
  また、指定したブランチは、デフォルトの「リモートトラッキングブランチ」として記録されます。

  1.リモートリポジトリーのブランチ構成

    「サブモジュール」として追加する「リモートリポジトリー」のブランチ構成は、以下のようになっています。


    現在のブランチは「master」ブランチであり、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。

  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション オプションの値
-b --branch ブランチ名

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule add --branch fix  git://192.168.56.1/mySubProject


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「サブモジュール」が追加され、「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトが実行されます。


  4.サブモジュールの状態

    「スーパープロジェクト」から「サブモジュール」の状態を確認すると、以下のようになります。


    「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」と、現在のブランチが表示されます。

  5.サブモジュールのブランチの状態

    「サブモジュール」追加時に、「サブモジュール」のチェックアウトが行われます。
    「サブモジュール」のブランチの状態を見てみると、以下のようになっています。


    現在のブランチは「fix」ブランチであり、「HEAD」は「fix」ブランチを指していることが分かります。

  6.gitmodulesファイル

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」内にある「.gitmodules」ファイルの中身を見てみると、以下のようにオプションで指定したブランチのブランチ名が記述されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション