kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

サブモジュールを初期化する

  「サブモジュール」の初期化を行います。
  ここでは、以下の流れで「サブモジュール」の初期化を見てみます。

  1. サブモジュールの初期化前の状態 
  2. サブモジュールの初期化
  3. サブモジュールの初期化後の状態 

1.サブモジュールの初期化前の状態 

  「サブモジュール」初期化前の状態です。
  「スーパープロジェクト」をクローンした直後は、この状態になります。

  1-1.サブモジュールの状態

    まず、「サブモジュール」の状態を見てみます。
    以下のように、クローン及びチェックアウトされていない「サブモジュール」が2つあることが分かります。


  1-2.gitmodulesファイル

    「.gitmodules」ファイルに「サブモジュール」の情報が記述されています。


    「.gitmodules」ファイルの中身を見ると、以下のように「サブモジュール」の情報が記述されています。


  1-3.スーパープロジェクトのワーキングディレクトリー 

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」を見てみます。
    以下のように、「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」が配置されています。


    「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」を見てみると、以下のように中身が空になっています。


    まだ「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトを行っていないためです。

    フォルダーの中身は空ですが、このフォルダーは「Git」から見ると、ただのフォルダーではなく、「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」として認識されています。

  1-4.configファイル

     「スーパープロジェクト」の「Gitディレクトリー」に配置されている「config」ファイルを見てみます。


    「config」ファイルの中身を見ると、「サブモジュール」の情報は記述されていません。


    これは、「サブモジュール」の初期化を行っていないためです。

2.サブモジュールの初期化

  「サブモジュール」を初期化します。
  ここでは例として、すべての「サブモジュール」を初期化します。

  2-1.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールを初期化するコマンドの説明」を参考にしてください。

 git submodule init


  2-2.コマンドの実行結果

    以下のように、「.gitmodules」ファイルに記述されている「サブモジュール」の情報が、「config」ファイルに反映されます。


    以上で「サブモジュール」の初期化は完了です。

  注意

    「サブモジュール」の初期化は、「.gitmodules」ファイルに記述されている「サブモジュール」の情報を「config」ファイルに反映することです。

    あくまで、「サブモジュール」を使用するための準備です。
    「サブモジュール」のクローンやチェックアウトは行われません。

    また、反映される情報は一部の情報です。

3.サブモジュールの初期化後の状態 

  「サブモジュール」初期化後の状態です。

  3-1.サブモジュールの状態

    まず、「サブモジュール」の状態を見てみます。

    「サブモジュール」は初期化しましたが、クローン及びチェックアウトされていないため、「サブモジュール」の状態は「1-1.」と同じです。


  3-2.スーパープロジェクトのワーキングディレクトリーの状態

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」の状態を見てみます。

    「ワーキングディレクトリー」内のいずれのファイルも変更されていないため、「ワーキングディレクトリー」はクリーンな状態です。


  3-3.サブモジュールのワーキングディレクトリー

    各「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」を見てみます。
    以下のように、「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトが行われていないため、フォルダーの中身は空のままです。


  3-4.configファイル

    「スーパープロジェクト」の「Gitディレクトリー」に配置されている「config」ファイルを見てみます。

    以下のように、「サブモジュール」の情報が反映されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション