kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

サブモジュールを初期化するコマンドの説明

  「git submodule」コマンドは、「サブモジュール」を初期化することができます。


  サブモジュールの初期化とは

    「サブモジュール」を含む「スーパープロジェクト」をクローンした後、「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトを行うには、まず「サブモジュール」を初期化する必要があります。

    以前記述した通り「サブモジュール」の情報は、「スーパープロジェクト」の「.gitmodules」ファイルに記述されています。


    この「.gitmodules」ファイルに記述されている情報を、「スーパープロジェクト」の「Gitディレクトリー」にある「config」ファイルに反映する必要があります。


    「Git」は、「config」ファイルに記述された「サブモジュール」の情報を元に、「サブモジュール」の管理を行います。

  すでにconfigファイルに記述されているサブモジュールの情報は、上書きされない

    すでに「config」ファイルに記述されている「サブモジュール」の情報は、上書きされません。
    「.gitmodules」ファイルに記述されているが、「config」ファイルに記述されていない「サブモジュール」の情報のみ、「config」ファイルに反映します。

  サブモジュール追加時は、サブモジュールの初期化も行われる

    サブモジュール追加時は、「サブモジュール」の初期化も行われるため、別途「サブモジュール」を初期化する必要はありません。

  クローン及びチェックアウトは行われない

    「サブモジュール」の初期化を行っても、「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトは行われません。

    ユーザーは「サブモジュール」初期化後、別途「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトを行う必要があります。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git submodule <情報出力オプション> init <サブモジュールのパス>

  このコマンドの基本的な使い方は、「サブモジュールを初期化する」を参考にしてください。

情報出力オプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  エラーメッセージのみ出力する(-q, --quiet)

    このオプションを指定すると、エラーメッセージのみ出力します。

サブモジュールのパス

  初期化する「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定します。

  サブモジュールのパスを省略した場合

    サブモジュールのパスを省略した場合、すべての「サブモジュール」が初期化されます。

  利用したいサブモジュールのみ初期化することも可能

    初期化する「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定して、利用したい「サブモジュール」のみ初期化することも可能です。

    初期化する「サブモジュール」を指定することで、不要な「サブモジュール」のクローンやチェックアウトを避けることができます。

    サブモジュールのパスを指定する例は、「初期化するサブモジュールを指定して、サブモジュールを初期化する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション