kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

再帰的にサブモジュールを更新対象にする

  デフォルトでは、「スーパープロジェクト」直下の「サブモジュール」が更新対象になります。


  「サブモジュール」内の「サブモジュール」など、再帰的に「サブモジュール」を更新対象にすることができます。

  1.サブモジュールの構成

    ここでは例として、以下の構成で「サブモジュール」を配置しています。

スーパープロジェクト サブモジュール
myCloneProject mySubProject
mySubProject mySubProject2

    「myCloneProject → mySubProject → mySubProject2」となっています。
    「mySubProject」は、「myCloneProject」のサブモジュールです。
    「mySubProject2」は、「mySubProject」のサブモジュールです。

  2.myCloneProjectからみたサブモジュール

    「myCloneProject」から「サブモジュール」の「コミットID」を確認すると、以下のようになります。


  3.mySubProjectからみたサブモジュール

    「mySubProject」から「サブモジュール」の「コミットID」を確認すると、以下のようになります。


  4.コマンドの実行

    ここでは例として、再帰的に「サブモジュール」をチェックアウトします。
    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--recursive

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールを更新するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule update --recursive --force --checkout


  5.コマンドの実行結果

    以下のように「スーパープロジェクト」内のすべての「サブモジュール」が更新対象になります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション