kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

追加したサブモジュールを削除する

  追加した「サブモジュール」を削除します。
  「サブモジュール」の削除は、以下の流れで紹介します。

  1. 現在のサブモジュールの状態
  2. サブモジュールの登録の抹消
  3. サブモジュールのワーキングディレクトリーの削除
  4. サブモジュールのGitディレクトリーの削除(任意)

1.現在のサブモジュールの状態

  まず、現在の「サブモジュール」の状態を確認します。

  1-1.サブモジュールの状態

    以下のように、チェックアウトされた「サブモジュール」が2つあることが分かります。


    ここでは例として、「mySubProject」サブモジュールを削除します。

  1-2.configファイルの中身

    リポジトリーの設定ファイルである「config」ファイルを見てみます。
    「config」ファイルは、「スーパープロジェクト」の「Gitディレクトリー」にあります。


    「config」ファイルを開いて「サブモジュール」の設定を見てみると、以下のようになっています。


  1-3.gitmodulesファイル

    サブモジュールの情報を記述する「.gitmodules」ファイルを見てみます。
    「.gitmodules」ファイルは、「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」にあります。


    「.gitmodules」ファイルを開いて「サブモジュール」の設定を見てみると、以下のようになっています。


  1-4.mySubProjectサブモジュールのワーキングディレクトリー

    削除する「mySubProject」サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」は、「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」内に配置されています。



2.サブモジュールの登録の抹消

  削除したい「サブモジュール」がチェックアウトされている場合、まずその「サブモジュール」の登録を抹消する必要があります。

  登録を抹消した「サブモジュール」は、未初期化の状態になります。

  2-1.登録の抹消

    「mySubProject」サブモジュールの登録を抹消します。
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールの登録を抹消するコマンドの説明」を参考にしてください。

git submodule deinit mySubProject


  2-2.コマンドの実行結果

    以下のように、「mySubProject」サブモジュールの登録が抹消されます。


  2-3.サブモジュールの状態

    「サブモジュール」の状態を見てみます。

    以下のように、「mySubProject」サブモジュールに「-」マークが表示されています。
    これは、未初期化の状態を表しています。


  2-4.configファイルの中身

    リポジトリーの設定ファイルである「config」ファイルを見てみます。
    「mySubProject」サブモジュールの登録を抹消したため、「mySubProject」サブモジュールの設定が削除されています。


  2-5.mySubProjectサブモジュールのワーキングディレクトリー 

    「mySubProject」サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」内のファイルが、全て削除されています。


    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは削除されていますが、「ワーキングディレクトリー」そのものは削除されません。

3.サブモジュールのワーキングディレクトリーの削除

  「mySubProject」サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」を削除します。

  3-1.ワーキングディレクトリーの削除

    「mySubProject」サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」を削除します。
    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを削除するコマンドの説明」を参考にしてください。

git rm mySubProject


  3-2.コマンドの実行結果

    以下のように、「mySubProject」サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」が削除されます。


  3-3.mySubProjectサブモジュールのワーキングディレクトリー 

    「mySubProject」サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」が、削除されています。



  3-4.サブモジュールの状態

    「サブモジュール」の状態を見てみます。

    以下のように、「mySubProject」サブモジュールが削除されています。


  3-5.gitmodulesファイル

    サブモジュールの情報を記述する「.gitmodules」ファイルを見てみます。
    「mySubProject」サブモジュールの設定が削除されています。


  3-6.ワーキングディレクトリーの状態

    最後に、「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」の状態を見てみます。


    以上で「サブモジュール」の削除は完了です。
    必要に応じてコミットしてください。

4.サブモジュールのGitディレクトリーの削除

  「サブモジュール」の削除を行っても、「サブモジュール」の「Gitディレクトリー」は削除されません。


  フォルダー内には、「サブモジュール」のリポジトリーが配置されています。


  「サブモジュール」の「Gitディレクトリー」は、削除せずそのまま残しておいても問題ありませんが、必要なら自分で削除してください。

  「サブモジュール」の「Gitディレクトリー」の削除は、「Nautilus」などから直接削除します。
  上記の例では、「mySubProject」フォルダーを削除すればよいです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション