kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

フォントの設定を変更する

  「フォント」タブでは、アプリが使用するフォントを変更できます。


  ヒンティング

    フォントヒンティングの方法を以下のメニューから選択します。
    フォントヒンティングは可読性の向上を目的としたもので、グリフの形状(文字の形)を補正する仕組みです。
    フォントにより効果が異なります。


    なし

      フォントヒンティングを行いません。

    小

      フォントヒンティングによる補正を、最小限に留めます。

    中

      フォントヒンティングによる補正を、中程度に留めます。


    大

      フォントヒンティングによる補正を、最大限行います。
 

  アンチエイリアス

    グリフの形状にアンチエイリアスをかけ、形状をなだらかにします。
    視野性が向上します。    


    なし

      アンチエイリアスをかけません。

    白黒(grayscale)

      アンチエイリアスをかけます。
      形状はグレースケール(色)により補完されます。

    カラー(rgba)

      アンチエイリアスをかけます。
      いわゆるサブピクセルレンダリングです。
      液晶ディスプレイ向きです。

  デフォルトフォント 

    アプリが使用するデフォルトのフォントを選択します。
    デフォルトフォントは、多くの場面で使用されるフォントです。

    例えば、デフォルトフォントを「Takao P 明朝」に変更すると、以下のようになります。  


  ドキュメントフォント

    ドキュメント(文書)の編集や表示を行なうアプリで使用されるフォントです。
    以下は辞書アプリの例ですが、このフォントを使用するアプリはあまり多くありません。


  モノスペースフォント

    端末やテキストエディターなどで使用する固定幅のフォントです。


  デスクトップフォント

    デスクトップのアイコンのタイトルなど、デスクトップで使用されるフォントです。


  ウィンドウ・タイトルフォント

    ウィンドウのタイトルで使用されるフォントです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション