kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

デスクトップの設定を変更する

  「デスクトップ」タブでは、デスクトップの設定を変更できます。


  ワークスペース

    仮想デスクトップの数を指定します。
    例えば「水平」に「2」、「垂直」に「2」を指定すると、以下のように2x2のワークスペースが作成されます。


  アイコン表示

    デスクトップにアイコンを表示するかどうかの設定です。

    オン

      デスクトップにアイコンを表示します。


    オフ

      デスクトップにアイコンを表示しません。


      デスクトップのコンテキストメニューも表示されなくなります。

  ホーム

    「オン」にすると、以下のようにデスクトップにホームアイコンを表示します。


    ホームアイコンをダブルクリックすると、「Nautilus」が起動し、ユーザーのホームフォルダーを開きます。


  ゴミ箱

    「オン」にすると、以下のようにデスクトップにゴミ箱を表示します。


    ホームアイコンをダブルクリックすると、「Nautilus」が起動し、ゴミ箱を開きます。


  ネットワーク

    「オン」にすると、以下のようにデスクトップにネットワークアイコンを表示します。


    ホームアイコンをダブルクリックすると、「Nautilus」が起動し、ネットワークを開きます。


  キーボードショートカットの表示

    「オン」にすると、「Super」キーを押し続けた時に、デスクトップにショートカットキーの一覧を表示します。


  Alt-Tabで全ウィンドウの切り替え

    「Alt + Tab」キーで表示されるウィンドウの一覧に、他のワークスペースにあるウィンドウも含めるかどうかの設定です。

    オン

      他のワークスペースにあるウィンドウも含め、ウィンドウの一覧を表示します。


    オフ

      現在のワークスペースにあるウィンドウの一覧を表示します。


  モニターを移動する時の引っ掛かり

    マルチモニター環境で有効な設定です。
    アプリのウィンドウを別のウィンドウに移動する時、ウィンドウの端が画面の端で引っかかる動作をします。

    この引っ掛かりの強さを指定します。
    数値を大きくすればするほど、引っ掛かりの強さが強くなります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション