kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

UbuntuにOpen VMware Toolsをインストールする

  仮想マシンにインストールしたUbuntuに、「Open VMware Tools」をインストールします。

  Open VMware Toolsとは

    「Open VMware Tools」とは、「VMware Tools」のオープンソースによる実装です。
    「Open VMware Tools」は、「VMware Tools」と(ほぼ)同等の機能を提供します。
     また、様々なメリットを享受できます。

  インストールが非常に楽

    「端末」を使う必要がなく、ワンボタンで「Open VMware Tools」をインストールすることができます。
    初心者でも簡単にインストール可能です。

    ここで紹介するインストール方法と、以前紹介した「VMware Tools」のインストール方法を比較してみてください。

  コミュニティーによる修正が可能

    コミュニティーは必要に応じて「Open VMware Tools」の修正が可能です。
    Ubuntuをアップグレードしたら「VMware Tools」がインストールできなくなるケースも回避できるでしょう。

  VMwareが推奨している

    「VMware」は、「VMware Tools」ではなく、「Open VMware Tools」のインストールを推奨しています。

    「VMware」による「Open VMware Tools」のサポートについては、「VMware による open-vm-tools のサポート」を参考にしてください。

  Open VMware ToolsとVMware Toolsは共存できない

    「Open VMware Tools」と「VMware Tools」は、共存できません。
    すでに「VMware Tools」がインストールされている環境に「Open VMware Tools」をインストールする場合は、事前に「VMware Tools」をアンインストールしておいてください。

Open VMware Toolsをインストール

  「Open VMware Tools」をインストールします。

  1.Ubuntuの起動

    仮想マシンを起動し、Ubuntuを起動します。


  2.Open VMware Toolsのインストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「open-vm-tools-desktop」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。
    以上で完了です。

    インストールが完了したら、仮想マシンを再起動します。

  3.バージョンの確認

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

 /usr/bin/vmware-toolbox-cmd -v


    上記のようにバージョンが表示されていればOKです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション