kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

日本語環境の構築と確認

  ここでは日本語環境の構築と確認を行います。


  Kubuntuはマルチランゲージに対応したOSなので、日本語の表示やインプットメソッドによる日本語入力が可能です。

  インストールの状況によっては日本語表示ができない

    インターネットに接続せずKubuntuをインストールした場合や、英語でKubuntuをインストールし後から日本語環境にしたい場合、日本語の言語パッ ケージやインプットメソッドのダウンロード及びインストールが行われていないため、自分で日本語環境を構築する必要があります。

    インターネットに接続してKubuntuをインストールした場合でも、接続が不安定で途中で切断された場合や、サーバーが混雑していた時なども同様に、自分で日本語環境を構築する必要があります。

  念の為確認しておく

    インターネットに接続してKubuntuをインストールした人も、ここで紹介する方法で日本語環境を確認しておくと良いでしょう。

    日本語環境の構築や確認は簡単です。

  環境について

    ここでは、インターネットに接続せずKubuntuをインストールした状況を想定して記述します。

    UIの一部が英語で表示されますが、表示されるアイコンやコントロールの位置は言語環境に関わらず同じですから、英語が苦手な人はアイコンやコントロールの位置を参考に操作してください。

  インターネットに接続について

    事前に必ずインターネットにアクセスできるか確認しておいてください。

    インターネットに接続できるかどうかは、「Firefox」を起動し適当なWebサイトを開いて、Webサイトが表示されるかどうか確認しください。

    表示されればOKです。

1.パッケージのアップデート

  何はともあれ、まずはパッケージのアップデートを行います。

  1-1.Muon Update Managerの起動

    画面左下の「アプリケーションランチャー」を開き、以下のように「Muon Update Manager」を起動します。


  1-2.アップデートの確認

    「Muon Update Manager」が起動したら、左下の「More」ボタンをクリックしメニューを開きます。
    メニューから「Check for Updates」をクリックします。

  1-2.アップデートチェック

    以下のようにアップデート確認が行われます。


  1-3.アップデート内容の表示

    アップデートがあれば、以下のようにアップデート内容が表示されます。


    右下の「Install Updates」ボタンをクリックします。

  1-4.パスワードの入力

    以下の画面が表示されたら、ログインしているユーザーのパスワードを入力し「OK」ボタンをクリックします。


  1-5.アップデート開始

    以下のようにアップデートが開始されます。


  1-6.アップデート完了

     アップデートが完了したら、以下の画面が表示されます。


    「終了」ボタンをクリックし、この画面を閉じます。

2.言語の設定

  次に「システム設定」から日本語の設定を行います。


  2-1.システム設定の起動

    画面左下の「アプリケーションランチャー」を開き、以下のように「システム設定」を起動します。


  2-2.地域の設定画面の表示

    「システム設定」から「地域の設定」をクリックします。


  2-3.日本語の追加

    以下の画面が表示されるので、左側のリストから「翻訳」をクリックし、「Available Languages」から日本語を選択し、「>」ボタンをクリックします。


  2-4.日本語の追加完了

    以下のように「日本語」が追加されます。


  2-5.言語の反映

    右下の「適用」ボタンをクリックします。
    以下のように確認画面が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。


3.フォーマットの設定

  続いてフォーマットの設定を行います。  

  3-1.フォーマットの設定

    左側のリストから「フォーマット」をクリックし、「Region」で「日本 - 日本語 (ja_JP)」を選択します。 


    右下の「適用」ボタンをクリックします。

4.Mozcのインストール

  次に、日本語入力で使用するインプットメソッドである「Mozc」をインストールします。

  4-1.システム設定の起動

    画面左下の「アプリケーションランチャー」を開き、以下のように「システム設定」を起動します。

  4-2.Mozcの検索

    右上の検索ボックスに「fcitx-mozc」と入力します。


  4-3.テクニカルパッケージの表示

    右上のボタンをクリックして、表示されるメニューから「Show technical packages」をクリックします。


  4-4.Mozcのインストール

    以下のように「fcitx-mozc」が表示されるので、「Install」ボタンをクリックします。


  4-5.パスワードの入力

    以下の画面が表示されたら、ログインしているユーザーのパスワードを入力し「OK」ボタンをクリックします。


    これで「Mozc」がインストールされます。

5.日本語フォントのインストール

  続いて日本語の「Takao」フォントをインストールします。

  5-1.Takaoフォントの検索とインストール

    右上の検索ボックスに「takao」と入力します。
    以下のように一覧の中に「fonts-takao」が見つかるので、「fonts-takao」の「Install」ボタンをクリックします。


    これで「Takao」フォントがインストールされます。

6.日本語の言語パッケージのインストール 

  続いて日本語の言語パッケージをインストールします。

  6-1.Takaoフォントの検索とインストール

    右上の検索ボックスに「language-pack-kde-ja」と入力します。
    以下のように一覧の中に「language-pack-kde-ja」が見つかるので、「Install」ボタンをクリックします。

    これで日本語の言語パッケージがインストールされます。

  6-2.設定の反映

    今まで行ってきた設定を反映するため、ここで再ログインするか、もしくはPCを再起動します。

7.日本語入力の設定確認

  日本語入力の設定を確認します。

  7-1.fcitxの設定画面の表示

    右下にある「fcitx」のインジケーターをクリックし、表示されるメニューから「設定」をクリックします。


  7-2.インプットメソッドの確認

    「fcitx」の設定画面が表示されるので、以下のように入力メソッドが並んでいるか確認します。


  7-3.日本語入力の確認

    「Kate」を起動し日本語入力の確認を行います。
    インプットメソッドのオン・オフは「半角/全角」キーで切り換えます。
    以下のように、変換候補が表示されればOKです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション