kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 15.10にアップグレードする

  Ubuntu 15.04を利用しているユーザーは、Ubuntu 15.10へアップグレードすることができます。


  アップグレード通知

    「ソフトウェアの更新」を起動すると、以下のようにアップグレードの通知が表示されます。
    アップグレードする場合は、「アップグレード」ボタンをクリックします。


  アップグレード通知が表示されない人は

    上記の通知が表示されない人は、「ソフトウェアソース」を開いて「Ubuntuの新バージョンの通知」が「すべての新バージョン」になっているか確認してください。


    また「ソフトウェアの更新」で、パッケージのアップデートがある場合すべてアップデートを行い、他にアップデートがない状態にしてください。
 

  リリースノート

    アップグレードを開始すると、以下のようにリリースノートが表示されます。


    「アップグレード」ボタンをクリックし、画面に表示される案内に従って操作してください。
    リリースノートについては、以下も参考にしてください。


アップグレードの注意事項や操作方法について

  アップグレードの方法や注意事項です。


  アップグレードの方法や注意事項は、Ubuntu 12.04からUbuntu 12.10へのアップグレードと同じです。
  以下を参考にしてください。


  ただしUbuntu 15.10へ直接アップグレードできるのは、Ubuntu 15.04のみです。

  他のバージョンからUbuntu 15.10へアップグレードしたい場合は、一旦Ubuntu 15.04にアップグレード後、Ubuntu 15.10へアップグレードする必要があります。

Ubuntu 15.10の変更点やアップグレードした感想

  Ubuntu 15.10の変更点やアップグレードした感想です。


  見た目や操作性については、ほぼ同じです。
  「LibreOffice」等、バージョンアップされたソフトウェアがありますが、「Nautilus」も「gedit」もUbuntu 15.04の時と操作性は変わりません。


    以前のバージョンを利用していたユーザーは、違和感なくUbuntu 15.10を利用できるでしょう。

  日本語入力

    日本語入力は、「fcitx-mozc」がデフォルトになりました。


    元々Ubuntu 15.04 日本語Remixでは、すでに「fcitx-mozc」がデフォルトになっていました。
    これが本家のUbuntuにも反映されています。

    ただ、追加作業が必要になります。
    「日本語環境の構築と確認・インターネットに接続せずUbuntuをインストールした時は」を参考にしてください。  

  Radeonのプロプライエタリードライバーが利用できない

    RadeonのGPUを利用しているユーザーは、オープンソースのドライバーを利用する必要があります。

    Ubuntu 15.04からUbuntu 15.10へアップグレードする人は、事前にRadeonのドライバーをオープンソースのドライバーに切り替えてから、Ubuntu 15.10へアップグレードしてください。


  Ubuntu 15.04からアップグレードする時期

    Ubuntu 15.04からアップグレードする時期は、Ubuntu 15.10日本語Remixがリリスーされた後がよいでしょう。

    急いでアップグレードする必要はなく、トラブルなどの情報を調べてからアップグレードを検討してみてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション