kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Nautilus Actionsの動作環境設定を行う(Runtime Execution)

  「Runtime Execution」タブをクリックすると、「Nautilus Actions」の動作環境設定を行うことができます。


Execution in a terminal

  端末の実行に関する設定です。


  Command pattern

    アイテムに設定したコマンドを実行するシェルをパターンで指定します。
    アプリ(コマンド)を端末で実行する時に使用される設定です。

    「COMMAND」にアイテムで設定したコマンドが指定されます。
    通常は以下のように指定しておけば十分でしょう。


gnome-terminal -e COMMAND

    このコマンドパターンは、「端末」を起動し、アイテムに設定したコマンドを実行します。

Desktop environment

  OSのデスクトップ環境を設定します。


  Runnning desktop environment

    OSのデスクトップ環境を以下のメニューから指定します。


    Ubuntuのデスクトップ環境は「Unity」ですが、「Unity」が選択肢にないため、「Rely on runtime detection」か「GNOME desktop」を選択しておくとよいでしょう。

    Rely on runtime detection

      デスクトップ環境を自動的に検出します。

  Currently detected

    自動検出されたデスクトップ環境が表示されます。

Nautilus Actions Configuration ToolsのUI設定を行う(UI Preferences)

  「UI Preferences」タブをクリックすると、「Nautilus Actions Configuration Tools」のUI設定を行うことができます。


Relabeling items

  クリップボードにコピーしたアイテムの貼り付けやアイテムの複製時に、アイテム名の変更を行うかどうかの設定です。


  Relable menus

    チェックをオンにすると、メニューアイテムのアイテム名を変更します。

  Relable menus

    チェックをオンにすると、アクションアイテムのアイテム名を変更します。

  Relable profiles

    チェックをオンにすると、アクションアイテムのアイテム名を変更します。

  アイテム複製時の例

    アイテムの複製例です。
    ここでは例として、以下のアイテムを複製します。


    上記すべてのチェックをオンにしてアイテムを複製すると、以下のように複製されたアイテムのアイテム名に「Copy of」が付きます。


    チェックをオフにしてアイテムを複製すると、以下のように複製されたアイテムのアイテム名は、複製元と同じアイテム名になります。


Assistants

  エクスポートアシスタントとインポートアシスタントに関する設定です。


  Esc key quits the assistant

    チェックをオンにすると、各アシスタントで「ESC」キーを押した時に、アシスタントを終了します。

  Ask for a confirmation when quitting the assistant on Esc key

     各アシスタントで「ESC」キーを押した時に、アシスタントを終了するかどうか確認画面を表示します。


Auto-save

  自動保存に関する設定です。


  Automatically saves pending modifications

    チェックをオンにすると、自動保存を有効にします。

  Periodicity

    自動保存する間隔を分で指定します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション