kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

インポートアシスタントの設定を行う(Import)

  「Import」タブをクリックすると、「インポートアシスタント」の設定を行うことができます。


  Import mode

    インポートアシスタントのデフォルトのアイテム上書き設定を選択します。
    例えば「Ask me」を選択すると、インポートアシスタントのアイテム上書き設定で「Ask me」がデフォルトとして選択されます。


インポートアシスタントの設定を行う(Export)

  「Export」タブをクリックすると、「エクスポートアシスタント」の設定を行うことができます。


  Export format

    エクスポートアシスタントのデフォルトのフォーマットを選択します。
    例えば「Export as a .desktop file」を選択すると、エクスポートアシスタントのフォーマットで「Export as a .desktop file」がデフォルトとして選択されます。


アイテムの保存と読み込みに関する設定を行う(I/O Providers)

  「I/O Providers」タブをクリックすると、アイテムの保存と読み込みに関する設定を行うことができます。


  Readable

    チェックをオンにすると、このI/O Providerを使用してアイテムを読み込めるようになります。

  Writable

    チェックをオンにすると、このI/O Providerを使用してアイテムを保存できるようになります。

  I/O Provider

    I/O Provider名が表示されます。

  補足

    「I/O Providers」の設定を変更する必要はありません。
    不用意に設定を変更すると動作に支障が出る可能性があるため、注意してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション