kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

アクションアイテムの表示方法を設定する(Action)

  アイテム一覧でアクションアイテムを選択し「Action」タブをクリックすると、以下のようにアイテムの表示方法を設定する項目が表示されます。


  コンテキストメニューを表示した時に、ここで設定した内容でアクションアイテムが表示されます。


  補足

    プロファイルアイテムを選択した時にも「Action」タブでアクションアイテムの表示方法を設定できますが、「Action」タブの設定内容はアクションアイテムに対する設定となり、プロファイルごとに異なる設定を行うことはできません。

    プロファイルアイテムを選択して「Action」タブの設定内容を変更すると、アクションアイテムの設定が変更されます。

  Display item in selection context menu

    チェックをオンにすると、「Nautilus」でファイルが選択されている時に、「Nautilus」のコンテキストメニューにアイテムを表示します。

  Display item in location context menu

    チェックをオンにすると、「Nautilus」でファイルが選択されていない時に、「Nautilus」のコンテキストメニューにアイテムを表示します。

  Context label

    コンテキストメニューに表示されるメニューアイテムの名称を入力します。
    「Context label」を変更すると、アイテム一覧に表示されているメニューアイテムの名称も変わります。


    アイテム一覧から「Context label」を変更することもできます。
    アイテム一覧から「Context label」を変更したいアイテムをクリックすると、以下のように名称が変更できるようになります。


    名称を入力し「エンター」キーを押せば、「Context label」に反映されます。

  Display item in the toolbar

    チェックをオンにすると、アクションアイテムを「Nautilus」のツールバーに表示します。

    この機能は利用できません。

  Use same label for icon in the toolbar

    チェックをオンにすると、「Nautilus」のツールバーに表示するボタンの名称を「Context label」と同じ名称にします。

    この機能は利用できません。

  Toolbar label

    「Nautilus」のツールバーに表示するボタンの名称を指定します。   
    この機能は利用できません。

  Tooltip

    アクションアイテムのツールチップを入力します。

    ツールチップとは、簡易ヘルプのことです。
    アクションアイテムの説明を短文で入力します。

    この設定項目は、使用されません。

  Icon

    アクションアイテムに表示するアイコンを設定します。
    アイコンは、以下のようにアクションアイテムの左側に表示されます。


    ただし、GTK+のアイコンの表示が既定で無効になっているため、デフォルトではアイコンを設定してもアイコンは表示されません。

    アイコンの設定については、以下を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション