kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

BraseroとEmpathyがデフォルトでインストールされるアプリから外される

  Ubuntu 16.04では、今までデフォルトでインストールされてきた「Brasero」と「Empathy」が、デフォルトでインストールされるアプリから外される予定です。

  参考


 Brasero

  「Brasero」は、CD/DVDのライティングソフトです。


  Braseroがデフォルトでインストールされるアプリから外される理由

    「Brasero」がデフォルトでインストールされるアプリから外される理由は、以下の2点です。

    1つは、「Brasero」の開発やメンテナンスの規模が縮小しており、未だ修正されない不具合が残っている点です。

    もう1つは、ライティングソフトの必要性が減少した点です。
    今やUSBメモリーがCD/DVDの代わりに利用されるメディアとして台頭しており、CD/DVDを作る機会が大幅に減りました。

    データのやり取りもCD/DVDではなく、USBメモリーや外付けストレージなど様々な選択肢が存在します。
    音楽CDも作成する機会がほとんどなく、スマフォタブレットで音楽を聴くことがほとんどでしょう。

    またそれらのメディアはCD/DVDよりも扱いが楽です。

    これらの理由から、「Brasero」はデフォルトでインストールされるアプリから外される予定です。

  Braseroは無くならない

    デフォルトでインストールされるアプリから外されるというだけで、「Brasero」がなくなるわけではありません。

    必要ならユーザーは自分で「Brasero」をインストールすることができます。

Empathy

  「Empathy」は、インスタントメッセンジャーです。
 

  Empathyがデフォルトでインストールされるアプリから外される理由

    「Empathy」がデフォルトでインストールされるアプリから外される理由は、以下の2点です。

    1つは、「Empathy」は十分なメンテナンスが行われていない点です。

    もう1つは「Empathy」が利用できるチャットサービスが減少している点です。
    FacebookなどのWebサービスは、XMPPなどを利用したチャットサービスを終了し、独自のチャットサービスを提供するようになりました。
    これらのチャットサービスは、「Empathy」から利用できません。

    これらの理由から、「Empathy」はデフォルトでインストールされるアプリから外される予定です。

  Empathyは無くならない

    デフォルトでインストールされるアプリから外されるというだけで、「Empathy」がなくなるわけではありません。

    必要ならユーザーは自分で「Empathy」をインストールすることができます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション