kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ファイルの差分を表示する

  「git commit」コマンドは、ワーキングディレクトリー内のファイルの状態を表示する機能があります。
  この時、ファイルの差分を表示することができます。

HEADとステージングエリアにあるファイルの差分を表示する

  「HEAD」と「ステージングエリア」にあるファイルの差分を表示します。

  1.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-v --verbose

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。
    
git commit --verbose


  3.コミットメッセージの入力

    テキストエディターが起動し、「コミットメッセージ」を入力する画面が表示されます。


    この画面の下部に、ファイルの差分が表示されます。


# Please enter the commit message for your changes. Lines starting
# with '#' will be ignored, and an empty message aborts the commit.
# On branch master
# Changes to be committed:
#    modified:   master.txt
#    modified:   sample.txt
#
# Changes not staged for commit:
#    modified:   master.txt
#
# Untracked files:
#    link.txt
#
# ------------------------ >8 ------------------------
# Do not touch the line above.
# Everything below will be removed.
diff --git a/master.txt b/master.txt
index e6370c9..ab0a1b1 100644
--- a/master.txt
+++ b/master.txt
@@ -1,3 +1,4 @@
 master1
 master2
 master3
+master4
diff --git a/sample.txt b/sample.txt
index de75776..f8a9264 100644
--- a/sample.txt
+++ b/sample.txt
@@ -1,2 +1,4 @@
 sample1
 sample2
+sample3
+sample4

    差分の行は行頭に「#」がなく、コメント行になっていませんが、ハサミ行(-- >8 --)以降の文章は「コミットメッセージ」に反映されません。

HEADとステージングエリアにあるファイルとワーキングディレクトリーにあるの差分を表示する

  「HEAD」と「ステージングエリア」と「ワーキングディレクトリー」にあるファイルの差分を表示します。

  1.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-vv --verbose --verbose

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。
    
git commit --verbose --verbose


  3.コミットメッセージの入力

    テキストエディターが起動し、「コミットメッセージ」を入力する画面が表示されます。


    この画面の下部に、ファイルの差分が表示されます。


# Please enter the commit message for your changes. Lines starting
# with '#' will be ignored, and an empty message aborts the commit.
# On branch master
# Changes to be committed:
#    modified:   master.txt
#    modified:   sample.txt
#
# Changes not staged for commit:
#    modified:   master.txt
#
# Untracked files:
#    link.txt
#
# ------------------------ >8 ------------------------
# Do not touch the line above.
# Everything below will be removed.
#
# Changes to be committed:
diff --git c/master.txt i/master.txt
index e6370c9..ab0a1b1 100644
--- c/master.txt
+++ i/master.txt
@@ -1,3 +1,4 @@
 master1
 master2
 master3
+master4
diff --git c/sample.txt i/sample.txt
index de75776..f8a9264 100644
--- c/sample.txt
+++ i/sample.txt
@@ -1,2 +1,4 @@
 sample1
 sample2
+sample3
+sample4
# --------------------------------------------------
# Changes not staged for commit:
diff --git i/master.txt w/master.txt
index ab0a1b1..8666438 100644
--- i/master.txt
+++ w/master.txt
@@ -2,3 +2,4 @@ master1
 master2
 master3
 master4
+master5

    差分の行は行頭に「#」がなく、コメント行になっていませんが、ハサミ行(-- >8 --)以降の文章は「コミットメッセージ」に反映されません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション