kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

GNOME Do

  「GNOME Do」は、キーボード操作を中心としたアプリケーションランチャーです。


  「GNOME Do」はアプリの起動だけでなく、ファイルの検索やブックマークの検索など、様々なリソースを検索することができます。
  また、ファイルの作成などの操作も可能です。

  複数の検索結果がある場合、以下のように検索結果をすべて表示することもできます。 


  キーボードを中心に作業する機会が多い人やUnityの操作に慣れている人なら、すぐに「GNOME Do」に慣れることができるでしょう。

GNOME Do

  「GNOME Do」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gnome-do」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

GNOME Doの起動

  「GNOME Do」は常駐するアプリです。
  「GNOME Do」を利用するには、「GNOME Do」を予め起動しておく必要があります。

  ログイン時の自動起動について

    デフォルトでは、ユーザーがログインした時に自動的に「GNOME Do」が起動する設定になっています。
    「自動起動するアプリケーション」を起動すれば、自動起動の設定を確認できます。


    「GNOME Do」の自動起動の設定は、以下のようになっています。


    もしログイン時に「GNOME Do」を起動したくない場合は、以下のように「GNOME Do」のチェックを外してください。


  自分で起動するには 

    自分で「GNOME Do」を起動するには、Dashホームから以下のように起動します。


GNOME Doの基本的な使い方

  「GNOME Do」の基本的な使い方です。

  1.Doの表示

    「Summon Do」に設定したショートカットキーを押すか、「GNOME Do」を起動します。

  2.Do画面

    以下のように、Do画面が表示されます。


  3.キーワードの入力

    検索するアイテム(アプリやファイルなど)のキーワードを入力します。
    例えば「ged」と入力すると、以下のように候補となるアイテムが左側に表示されます。
 

    左側のペインに表示されているアイテムは、右側のペインに表示されているアクションの操作対象となるアイテムです。

    右側のペインに表示されているアイテムは、左側のペインに表示されているアイテムのアクションです。
    左側のペインに表示されているアイテムにより、表示されるアクションが異なります。

    上記の場合、「gedit」を「実行する」という意味になります。

    アクションを先に指定することも可能

       以下のように、アクションを先に指定することも可能です。


      意味は同じです。

   4.検索結果を表示するには

     入力されたキーワードに合う検索結果の一覧を表示するには、「↓」カーソルキーを押します。
    以下のように検索結果の一覧が表示されます。


    実行したいアイテムを「↑」「↓」カーソルキーで選択し「エンター」キーを押します。

    検索結果一覧の一番上のアイテムが選択されている状態で「↑」カーソルキーを押すと、検索結果一覧が非表示になります。

    また「▶」が表示されているアイテムは階層構造になっており、「→」カーソルキーを押すと、以下のようにサブアイテムが表示されます。


     「←」「→」カーソルキーで階層を移動することができます。

Do画面のUI構成

  Do画面のUI構成です。


  1.1番目のペイン

    1番目のペインには、ユーザーが入力したキーワードに合うアプリなどのアイテムが表示されます。

  2.2番目のペイン

    2番目のペインには、1番目のペインに表示されているアイテムを操作するアクションが表示されます。

    表示されるアクションは、1番目のペインに表示されているアイテムの種類により変わります。

     2番目のペインに表示されているアクションを変更するには、2番目のペインを選択してアクション名を入力するか、「↓」キーを押して一覧からアクションを選択します。

  3.メニュー

    以下のメニューを表示します。


  4.3番目のペイン

    2番目のペインで選択したアクションによっては、以下のように3番目のペインが表示されます。


    3番目のペインには、2番目のペインに表示されているアクションのオプションが表示されます。

     3番目のペインに表示されているオプションを変更するには、3番目のペインを選択してオプション名を入力するか、「↓」キーを押して一覧からオプションを選択します。

  ペインの選択について

    ペインの選択は、「Tab」キーや「Shift + Tab」キーを押して選択します。

  アクションの実行について

    「エンター」キーを押すと、2番目のペインに表示されているアクションが実行されます。

ペインで選択できるアイテムについて

  各ペインには、選択できるアイテムが複数存在するケースがあります。
  選択できるアイテムが複数ある場合、そのペインを選択して「↓」カーソルを押します。
  そのペインで選択できるアイテムの一覧が表示されます。

  例えば1番目のペインでは、検索結果が表示されます。


  例えば2番目のペインでは、1番目のペインに表示されているアイテムのアクションの一覧が表示されます。


デフォルトのキーボードショートカット

  「GNOME Do」に設定されているデフォルトのキーボードショートカットです。
  キーボードショートカットは、設定画面で変更することができます。

操作内容 ショートカットキー
Do画面の表示 なし
テキストモードでDo画面を表示 なし
テキストモードに切り替え .
入力内容のクリア・前の画面に戻る ESC
クリップボードにコピー Ctrl + C
クリップボードから貼り付け Ctrl + V
前のペインを選択 Shift + Tab
次のペインを選択 Tab
前のアイテムを選択
次のアイテムを選択
最初のアイテムを選択 Home
最後のアイテムを選択 End
5つ前のアイテムを選択 Page Up
5つ先のアイテムを選択 Page Down
次の階層のアイテムを表示
前の階層のアイテムを表示
複数のアイテムを選択 ,


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション