kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Dashのオンラインサーチがデフォルトでオフになる

  Ubuntu 16.04では、Dashのオンラインサーチがデフォルトでオフになる予定です。


  今までは、オンラインサーチがデフォルトでオンになっていました。

  オンラインサーチとは

    オンラインサーチとは、インターネットから検索した結果をDashホームに表示する機能です。
    例えばDashホームを開き「新宿」と入力すると、Wikipediaなど様々なWebサービスから「新宿」に関係する情報を検索して、以下のように結果を表示します。


  情報を検索するソフトウェア

    ユーザーが入力したキーワードから適合する情報を検索するソフトウェアを、スコープと言います。
    どこから、そして何を検索するかは、このスコープの実装により決まります。

    Webサービスから情報を検索するスコープや、ローカルHDDからファイルを検索するスコープなど、スコープには様々な種類があります。

  オンラインサーチの動作とプライバシーポリシー

     Googleで検索を行うのと同様に、Webサービスから情報を検索する場合、ユーザーが入力したキーワードを検索先のWebサービスへ送信する必要があります。
    
    「productsearch.ubuntu.com」にキーワードやユーザーのIPアドレスを送信し、そこから検索先のWebサービスへ問い合わせを行います。

    オンラインサーチの動作やプライバシーポリシーは、「システム設定」の「詳細」を選択し、「法律上の通知」を選択すれば、詳しい内容が表示されます。


  オンラインサーチがオフになるということは

    オンラインサーチがオフになるということは、インターネットから情報の検索が行われなくなり、ユーザーが入力したキーワードが外部へ送信されなくなるということを意味します。
 
    今のUbuntuでも、オンラインサーチをオフにすれば同様の動作になります。

  オンラインサーチの機能は無くならない

    オンラインサーチの機能が無くなるわけではありません。
    オンラインサーチがデフォルトでオフになるだけで、必要ならばオンラインサーチを有効にすることができます。

    また、オンラインサーチを有効にしても、Amazon及びSkimlinksから検索を行う機能はオフのままです。
    必要なら別途これらの機能も有効にすることができます。

  オンラインサーチがデフォルトでオフになる理由

    簡潔に言えば、ユーザーが満足する使い勝手が提供できていないためです。

    Unity 8では、ユーザーがどのような情報を検索したいのか、ユーザーの意図を今より反映できるような仕組みが提供される予定です。

デフォルトでインストールされなくなるスコープ

  Ubuntu 16.04では、以下のスコープがデフォルトでインストールされなくなります。

  • Audacious
  • Clementine
  • gmusicbrowser
  • Gourmet
  • Guayadeque
  • Musique

  必要なら、ユーザーは後から上記のスコープをインストールすることができます。

  Music Storeは削除される

    Music Storeから情報を検索するスコープは、削除されます。
    Ubuntu 16.04では利用できません。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション