kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Window Managerプラグイン

  Window Managerプラグインは、アプリのウィンドウを操作するプラグインです。


  libgtk2.0-devが必要

    このプラグインを利用するには、「libgtk2.0-dev」が必要です。
    Ubuntuソフトウェアセンターを起動して「libgtk2.0-dev」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  Window Managerプラグインでできる操作

    Window Managerプラグインでは、以下の操作が可能です。

  1. すべてのウィンドウをタイル状に並べる
  2. すべてのウィンドウを重ねて並べる
  3. ウィンドウをすべて非表示にする 
  4. 非表示にしたウィンドウをすべて表示する
  5. ワークスペース間ですべてのウィンドウを入れ替える
  6. ウィンドウを最小化・最小化から復元する 
  7. ウィンドウを最大化・通常サイズに戻す
  8. ウィンドウを閉じる
  9. ウィンドウにフォーカスを設定する
  10. ウィンドウを別のワークスペースに移動する

1.すべてのウィンドウをタイル状に並べる

  すべてのウィンドウをタイル状に並べます。

  1-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Tile Windows」を選択します。


  1-2.ワークスペースの選択

    2番目のペインで操作対象のワークスペースを選択します。


    「Current Desktop」は現在のワークスペースを指しています。

  1-3.ウィンドウの並び替え

    「エンター」キーを押せば、以下のようにウィンドウがタイル状に並びます。


2.すべてのウィンドウを重ねて並べる

  すべてのウィンドウを重ねて並べます。

  2-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Cascade Windows」を選択します。


  2-2.ワークスペースの選択

    2番目のペインで操作対象のワークスペースを選択します。


    「Current Desktop」は現在のワークスペースを指しています。

  2-3.ウィンドウの並び替え

    「エンター」キーを押せば、以下のようにウィンドウが重ねて並びます。


3.ウィンドウをすべて非表示にする

  ウィンドウをすべて非表示にして、デスクトップ画面を表示します。

  3-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Show Desktop」を選択します。


  3-2.ワークスペースの選択

    2番目のペインで操作対象のワークスペースを選択します。


    「Current Desktop」は現在のワークスペースを指しています。

  3-3.ウィンドウを非表示

    「エンター」キーを押せば、以下のようにウィンドウをすべて非表示にして、デスクトップ画面を表示します。


    ウィンドウの非表示は一時的なものです。
    Unityランチャー等からアプリをアクティブにすれば、そのアプリのウィンドウが表示されます。

4.非表示にしたウィンドウをすべて表示する

  「3.」で非表示にしたウィンドウをすべて表示します。

  4-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Restore Windows」を選択します。


  4-2.ワークスペースの選択

    2番目のペインで操作対象のワークスペースを選択します。


    「Current Desktop」は現在のワークスペースを指しています。

  4-3.ウィンドウを表示

    「エンター」キーを押せば、非表示にしたウィンドウをすべて表示します。

  Restore Windowsアクションが動作しない(2015/12/23)

    現状「Restore Windows」アクションは動作しません。

5.ワークスペース間ですべてのウィンドウを入れ替える

  ワークスペース間ですべてのウィンドウを入れ替えます。

  5-1.操作前のワークスペース

    操作前のワークスペースを見ると、以下のようにアプリのウィンドウが配置されています。


  5-2.アクションの選択

    1番目のペインで「Swap with」を選択します。


  5-3.1つ目のワークスペースの選択

    2番目のペインで入れ替える1つ目のワークスペースを選択します。


  5-4.2つ目のワークスペースの選択

    3番目のペインで入れ替える2つ目のワークスペースを選択します。


  5-5.ウィンドウの入れ替え

    「エンター」キーを押すと、以下のようにワークスペース間でウィンドウの入れ替えが行われます。


6.ウィンドウを最小化・最小化から復元する

  ウィンドウを最小化します。
  また最小化されているウィンドウを最小化から復元します。

  6-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Minimize/Restore」アクションを選択します。


  6-2.操作対象の選択

    2番目のペインで操作対象のウィンドウを選択します。


    「エンター」キーを押せば、ウィンドウが最小化・復元されます。

    ウィンドウの選択方法は、後述の「ウィンドウの指定方法について」を参考にしてください。

7.ウィンドウを最大化・通常サイズに戻す

  ウィンドウを最大化します。
  また最大化されているウィンドウを通常のサイズに戻します。

  7-1.アクションの選択

    1番目のペインで「(Un)Maximize」アクションを選択します。


  7-2.操作対象の選択

    2番目のペインで操作対象のウィンドウを選択します。


    「エンター」キーを押せば、ウィンドウが最大化・通常のサイズ化されます。

    ウィンドウの選択方法は、後述の「ウィンドウの指定方法について」を参考にしてください。

8.ウィンドウを閉じる

  ウィンドウを閉じます。

  8-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Close」アクションを選択します。


  8-2.操作対象の選択

    2番目のペインで操作対象のウィンドウを選択します。


    「エンター」キーを押せば、ウィンドウが閉じます。

    ウィンドウの選択方法は、後述の「ウィンドウの指定方法について」を参考にしてください。

9.ウィンドウにフォーカスを設定する

  ウィンドウにフォーカスを設定します。

  9-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Focus」アクションを選択します。


  9-2.操作対象の選択

    2番目のペインで操作対象のウィンドウを選択します。


    「エンター」キーを押せば、ウィンドウが閉じます。

    ウィンドウの選択方法は、後述の「ウィンドウの指定方法について」を参考にしてください。

10.ウィンドウを別のワークスペースに移動する

  ウィンドウにフォーカスを設定します。

  10-1.アクションの選択

    1番目のペインで「Move Window To」アクションを選択します。


  10-2.操作対象の選択

    2番目のペインで操作対象のウィンドウを選択します。


    ウィンドウの選択方法は、後述の「ウィンドウの指定方法について」を参考にしてください。 

  10-3.移動先ワークスペースの選択

    3番目のペインで移動先のワークスペースを選択します。


    「エンター」キーを押せば、ウィンドウが指定されたワークスペースに移動します。

ウィンドウの指定方法について

  ウィンドウの指定方法には、以下の方法があります。

  1. 特定のアプリのウィンドウをすべて操作対象にする
  2. 特定のウィンドウを操作対象にする
  3. 現在フォーカスがあるアプリのウィンドウをすべて操作対象にする
  4. 現在フォーカスがあるウィンドウを操作対象にする

  1.特定のアプリのウィンドウをすべて操作対象にする

    特定のアプリのウィンドウをすべて操作対象にする方法です。
    例えば「gedit」がウィンドウを2つ表示していた場合、この2つのウィンドウが操作対象になります。

    ウィンドウを指定するペインで、操作対象にしたいアプリを選択します。


  2.特定のウィンドウを操作対象にする

    特定のウィンドウを操作対象にする方法です。
    ウィンドウを指定するペインで、まず操作対象にしたいアプリを選択します。 


    サブアイテムを表示すると、そのアプリが表示しているウィンドウの一覧が表示されます。


    操作対象にしたいウィンドウを選択します。

  3.現在フォーカスがあるアプリのウィンドウをすべて操作対象にする 

    現在フォーカスがあるアプリのウィンドウをすべて操作対象にする方法です。
    ウィンドウを指定するペインで、「Current Application」を選択します。


  4.現在フォーカスがあるウィンドウを操作対象にする

    現在フォーカスがあるウィンドウを操作対象にする方法です。
    ウィンドウを指定するペインで、「Current Window」を選択します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション