kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Google Chrome 32bit版のサポート終了

  2016年3月の初旬に、Google Chrome 32bit版のサポートが終了します。
  今後Linux向けのGoogle Chrome 32bit版はリリースされなくなります。


  加えて、 Ubuntu 12.04向け及びDebian 7向けのGoogle Chromeのサポートも、2016年3月の初旬に終了します。
  こちらは32bit版だけでなく64bit版も対象です。

  サポート終了後は、セキュリティーアップデート等のアップデートが受けられなくなります。

  Google Chrome 32bit版を利用しているユーザーは

    Google Chrome 32bit版を利用しているユーザーは、2016年3月までに他のブラウザーに切り替えてください。

  Ubuntu 12.04でGoogle Chromeを利用しているユーザーは

    Ubuntu 12.04でGoogle Chromeを利用しているユーザーは、2016年3月までにUbuntu 14.04以降にアップグレードするか、他のブラウザーに切り替えてください。

  Debian 7でGoogle Chromeを利用しているユーザーは

    Debian 7でGoogle Chromeを利用しているユーザーは、2016年3月までにDebian 8にアップグレードするか、他のブラウザーに切り替えてください。

  Chromiumはどうなる?

    Chromium 32bit版のビルドは引き続きサポートされるため、Chromium 32bit版は継続して利用できます。

  Chromiumベースの他のブラウザーはどうなる?

    Chromiumが引き続きサポートされるため、Chromiumベースのブラウザーへの影響は軽微だと思われますが、最終的な判断は各開発者に委ねられるため、本件の影響は各開発者に確認するとよいでしょう。

  Flashは見れなくなるかも

    現在Chromium及びOpera等のChromiumベースのブラウザーは、Google ChromeのFlashのプラグインを利用してFlashを再生しています。

    Google Chrome 32bit版がなくなるということは、32bit版のChromiumベースのブラウザーでFlashが再生できなくなるかもしれません。

    FirefoxはGoogle ChromeのFlashのプラグインを利用しないため、Firefoxには影響しません。

  Google Chrome 32bit版のサポートを終了する理由

    最高のユーザー体験(使い勝手や機能など)を多くのLinuxユーザーに提供するため、Google Chrome 32bit版のサポートを終了するとのことです。

  参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション