kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Bash

  「Bash」は、コマンドラインインターフェースを提供するシェルです。
  Ubuntuでは「Bash」がデフォルトでインストールされ、ユーザーのデフォルトのログインシェルとして利用されます。

  「GNOME端末」を起動すれば「GNOME端末」内で「Bash」が起動し、ユーザーからの入力を受け付けます。


  またシェルスクリプト中には、「Bash」を起動して処理を行うスクリプトが存在します。
  以下のように最初に「#!/bin/bash」と記述されたシェルスクリプトは、「Bash」を起動して処理を行うスクリプトです。


shはbashではない

  シェルスクリプト中には、以下のように「#!/bin/sh」と記述されたシェルスクリプトも存在します。


  「/bin/sh」は「/bin/dash」を指すシンボリックリンクになっているので、上記のスクリプトでは「Dash」が起動します。


  「Dash」は「Bash」と似たようなソフトウェアですが、機能を絞り込むことで「Bash」よりも軽量に動作するシェルです。
  主にシステムのシェルとして利用されます。

  名称が似てるとは言え異なるソフトウェアですので、「Bash」の機能を利用してシェルスクリプトを記述する場合は、「#!/bin/bash」と記述しておきましょう。

Bashの起動時及び終了時に実行するファイル

  「Bash」には、起動時及び終了時に実行するファイルがあります。
  これらのファイルはいずれもシェルスクリプトです。
  「Bash」はこれらのファイルを読み込み、実行します。

  これらのファイルには、全ユーザー共通して実行するファイルと、ユーザー固有のファイルがあります。

  新規にユーザーを作成すると、以下のユーザー固有のファイルが生成されます。

  • ~/.bash_logout
  • ~/.bashrc
  • ~/.profile

  ユーザーの中には上記のファイルをカスタマイズして利用している人もいるかと思います。
  これらのファイルを誤って削除してしまった場合や、デフォルトの内容に戻したい時は、以下の方法で元に戻すことができます。

  デフォルトの内容が記述されたファイル

    「Nautilus」を起動し「/etc/skel」フォルダーを開くと、以下のようにデフォルトの内容が記述されたファイル群が見つかります。


    上記のファイルを「~/」にコピーすれば、デフォルトの内容に戻すことができます。
    ファイルをコピーした後は、一旦ログアウトしてログインし直してください。

  Ubuntuをアップグレードした時はファイルの内容が引き継がれる

    Ubuntuをアップグレードした時は、上記のファイルの内容が引き継がれるため、自動的にデフォルトの内容に戻ることはありません。

    必要なら上記のファイルをコピーしてデフォルトの内容に戻すことも可能です。

  .bash_logout

    参考までに、Ubuntu 15.10の「.bash_logout」ファイルの中身は以下のようになっています。

# ~/.bash_logout: executed by bash(1) when login shell exits.

# when leaving the console clear the screen to increase privacy

if [ "$SHLVL" = 1 ]; then
    [ -x /usr/bin/clear_console ] && /usr/bin/clear_console -q
fi

  .bashrc

    参考までに、Ubuntu 15.10の「.bashrc」ファイルの中身は以下のようになっています。

# ~/.bashrc: executed by bash(1) for non-login shells.
# see /usr/share/doc/bash/examples/startup-files (in the package bash-doc)
# for examples

# If not running interactively, don't do anything
case $- in
    *i*) ;;
      *) return;;
esac

# don't put duplicate lines or lines starting with space in the history.
# See bash(1) for more options
HISTCONTROL=ignoreboth

# append to the history file, don't overwrite it
shopt -s histappend

# for setting history length see HISTSIZE and HISTFILESIZE in bash(1)
HISTSIZE=1000
HISTFILESIZE=2000

# check the window size after each command and, if necessary,
# update the values of LINES and COLUMNS.
shopt -s checkwinsize

# If set, the pattern "**" used in a pathname expansion context will
# match all files and zero or more directories and subdirectories.
#shopt -s globstar

# make less more friendly for non-text input files, see lesspipe(1)
[ -x /usr/bin/lesspipe ] && eval "$(SHELL=/bin/sh lesspipe)"

# set variable identifying the chroot you work in (used in the prompt below)
if [ -z "${debian_chroot:-}" ] && [ -r /etc/debian_chroot ]; then
    debian_chroot=$(cat /etc/debian_chroot)
fi

# set a fancy prompt (non-color, unless we know we "want" color)
case "$TERM" in
    xterm-color|*-256color) color_prompt=yes;;
esac

# uncomment for a colored prompt, if the terminal has the capability; turned
# off by default to not distract the user: the focus in a terminal window
# should be on the output of commands, not on the prompt
#force_color_prompt=yes

if [ -n "$force_color_prompt" ]; then
    if [ -x /usr/bin/tput ] && tput setaf 1 >&/dev/null; then
 # We have color support; assume it's compliant with Ecma-48
 # (ISO/IEC-6429). (Lack of such support is extremely rare, and such
 # a case would tend to support setf rather than setaf.)
 color_prompt=yes
    else
 color_prompt=
    fi
fi

if [ "$color_prompt" = yes ]; then
    PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[01;34m\]\w\[\033[00m\]\$ '
else
    PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\u@\h:\w\$ '
fi
unset color_prompt force_color_prompt

# If this is an xterm set the title to user@host:dir
case "$TERM" in
xterm*|rxvt*)
    PS1="\[\e]0;${debian_chroot:+($debian_chroot)}\u@\h: \w\a\]$PS1"
    ;;
*)
    ;;
esac

# enable color support of ls and also add handy aliases
if [ -x /usr/bin/dircolors ]; then
    test -r ~/.dircolors && eval "$(dircolors -b ~/.dircolors)" || eval "$(dircolors -b)"
    alias ls='ls --color=auto'
    #alias dir='dir --color=auto'
    #alias vdir='vdir --color=auto'

    alias grep='grep --color=auto'
    alias fgrep='fgrep --color=auto'
    alias egrep='egrep --color=auto'
fi

# colored GCC warnings and errors
#export GCC_COLORS='error=01;31:warning=01;35:note=01;36:caret=01;32:locus=01:quote=01'

# some more ls aliases
alias ll='ls -alF'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'

# Add an "alert" alias for long running commands.  Use like so:
#   sleep 10; alert
alias alert='notify-send --urgency=low -i "$([ $? = 0 ] && echo terminal || echo error)" "$(history|tail -n1|sed -e '\''s/^\s*[0-9]\+\s*//;s/[;&|]\s*alert$//'\'')"'

# Alias definitions.
# You may want to put all your additions into a separate file like
# ~/.bash_aliases, instead of adding them here directly.
# See /usr/share/doc/bash-doc/examples in the bash-doc package.

if [ -f ~/.bash_aliases ]; then
    . ~/.bash_aliases
fi

# enable programmable completion features (you don't need to enable
# this, if it's already enabled in /etc/bash.bashrc and /etc/profile
# sources /etc/bash.bashrc).
if ! shopt -oq posix; then
  if [ -f /usr/share/bash-completion/bash_completion ]; then
    . /usr/share/bash-completion/bash_completion
  elif [ -f /etc/bash_completion ]; then
    . /etc/bash_completion
  fi
fi

  .profile

    参考までに、Ubuntu 15.10の「.profile」ファイルの中身は以下のようになっています。

# ~/.profile: executed by the command interpreter for login shells.
# This file is not read by bash(1), if ~/.bash_profile or ~/.bash_login
# exists.
# see /usr/share/doc/bash/examples/startup-files for examples.
# the files are located in the bash-doc package.

# the default umask is set in /etc/profile; for setting the umask
# for ssh logins, install and configure the libpam-umask package.
#umask 022

# if running bash
if [ -n "$BASH_VERSION" ]; then
    # include .bashrc if it exists
    if [ -f "$HOME/.bashrc" ]; then
 . "$HOME/.bashrc"
    fi
fi

# set PATH so it includes user's private bin if it exists
if [ -d "$HOME/bin" ] ; then
    PATH="$HOME/bin:$PATH"
fi


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション