kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

CPUの情報をリスト形式で表示する

  CPUの情報をリスト形式で表示します。

  「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

lscpu -e

  以下のようにCPUの情報がリスト形式で表示されます。


  CPU

    論理コアの番号です。

  NODE

    論理コアが属しているNUMAノードの番号です。

  SOCKET

    論理コアが属しているCPU(ソケット)の番号です。

  CORE

    論理コアが属している物理コアの番号です。

  L1d:L1i:L2:L3

    論理コアが使用しているキャッシュの番号を、キャッシュの種類ごとに「:」区切りで表示します。
    キャッシュの種類は左から、以下の意味になります。

  1. レベル1データキャッシュ
  2. レベル1命令キャッシュ
  3. レベル2キャッシュ
  4. レベル3キャッシュ

  ONLINE

    論理コアが有効になっている場合、「yes」と表示されます。

  MAXMHZ

    論理コアの最大動作クロック数です。

  MINMHZ

    論理コアの最大動作クロック数です。

表示する情報を指定する

  表示する情報を指定することも可能です。
  以下のように指定します。
  
lscpu -e='表示する情報'

  表示する情報は、「,」区切りで指定します。
  ここでは例として、「CPU」と「MAXMHZ」のみ表示してみます。

  「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

lscpu -e

  以下のように指定された情報がリスト形式で表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション