kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Tasqueプラグイン

  Tasqueプラグインは、Tasqueにタスクを追加するプラグインです。


  Tasqueのインストール

    Tasqueプラグインを利用するには、予め「Tasque」をインストールしておく必要があります。
    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「tasque」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。
    「Tasque」をインストールしたら、「Tasque」を起動しておきます。

Tasqueプラグインの使い方

  Tasqueプラグインの使い方です。

  1.アクションの選択

    1番目のペインで「Create a new task」アクションを選択します。


  2.タスクの入力

    2番目のペインでタスクを入力します。


    カテゴリーを指定しない場合、デフォルトのカテゴリーにタスクが追加されます。

  3.タスクのカテゴリーを指定する場合

    タスクのカテゴリーを指定する場合、「Tab」キーを押して3番目のペインを表示し、カテゴリーを選択します。


    もしくは、2番目のペインで以下のフォーマットに従ってタスクを入力することで、カテゴリーを指定することも可能です。

カテゴリー:タスク


  4.タスクの追加

    「エンター」キーを押すとタスクが「Tasque」に追加され、以下のように通知が表示されます。


    「Tasque」を見ると、以下のようにタスクが追加されています。


Terminal Server Clientプラグイン

  Terminal Server Clientプラグインは、Terminal Serverに接続するプラグインです。


  Terminal Server Clientプラグインが動作しない(2016/1/4)

    Terminal Server Clientプラグインは動作しません。

Textプラグイン 

  Textプラグインは、文字列を結合するプラグインです。


  1.アクションの選択

    1番目のペインで「Append to」アクションを選択します。


  2.テキストの入力

    2番目のペインにテキストを入力します。


  3.テキストの入力

    3番目のペインにテキストを入力します。


  4.テキストの結合

    「エンター」キーを押すと、結合したテキストが1番目のペインに入力されます。


  5.テキストのコピー

    2番目のペインで「クリップボードへコピー」アクションを選択し「エンター」キーを押すと、結合したテキストがクリップボードにコピーされます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション