kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

レッスンの統計情報を見る

  いままで実施したレッスンの結果は、統計情報として記録されます。
  統計情報を見れば、苦手なレッスンやレッスンの習得度を把握することができます。

  統計画面の表示

    統計情報は、統計画面から見ることができます。
    画面左下の「Progress」ボタンをクリックします。


キー入力の正確性

  「Accuracy」を選択すると、以下のようにどの程度キー入力が正確だったのかが割合で表示されます。


  グラフ

    グラフ上の点は、レッスンを表しています。
    左から、1回目のレッスン、2回目のレッスン・・・と点が並びます。

  縦軸(Y)

    縦軸は正確性(%)を表しています。
    100なら、キー入力に誤りがなかったことを意味します。

  横軸(X)

    レッスンを実施した日付が表示されます。

キー入力の速さ

  「Speed」を選択すると、キー入力の速さが表示されます。
  単位は、1分あたりの単語数です。


  グラフ

    グラフ上の点は、レッスンを表しています。
    左から、1回目のレッスン、2回目のレッスン・・・と点が並びます。

  縦軸(Y)

    縦軸は1分あたりの単語数です。
 

  横軸(X)

    レッスンを実施した日付が表示されます。

統計情報をすべて削除するには

  統計情報をすべて削除することも可能です。

  注意

    すべてのコースの統計情報が削除されます。

  1.統計情報のリセット

    画面右下の「Reset」ボタンをクリックします。


  2.リセット確認

    以下の画面が表示されるので、「Yes」ボタンをクリックします。


  3.リセット完了

    以下のように、統計情報がリセットされます。


フォントを変更する

  フォントを変更します。

  1.フォント選択画面の表示

    画面右下のフォントボタンをクリックします。


  2.フォントの選択

    フォント選択画面が表示されるので、フォントとフォントサイズを指定して「Select」ボタンをクリックします。


    選択できるフォントは、固定幅のフォントだけです。

  3.フォント設定完了

    以下のように、選択したフォントが反映されます。


ミスタイプした時にビープ音を鳴らす

  ミスタイプした時にビープ音を鳴らすこともできます。

  ビープ音の有効・無効切り替え

    画面右下の「Beep」ボタンをクリックすれば、ビープ音の有効・無効切り替えることができます。


    ボタンが押された状態が、ビープ音が有効になっている状態です。

  ビープ音が鳴らない(2015/1/27)

    Ubuntuでは、ビープ音を有効にしてもビープ音がなりません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション