kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Nautilus Rename Me

  「Nautilus Rename Me」は、「Nautilus」からファイル名を一括変換するNautilus拡張です。


  Pythonに詳しい人向け

    ファイル名の変換は、パターンに入力された文字列をPythonのeval関数に渡し、出力された結果を変換後のファイル名にしています。

    従ってパターンにPythonの関数が使用でき、高度なファイル名の変換が可能です。

Nautilus Rename Meのインストール

  「Nautilus Rename Me」のインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:atareao/nautilus-extensions

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rename-me」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.Nautilusの再起動

    インストールが完了したら、「Nautilus」を再起動するか、ログインし直すか、PCを再起動します。

Nautilus Rename Meの使い方

  「Nautilus Rename Me」の使い方です。

  1.ファイルの選択

    ファイル名を変換したいファイルを選択します。
    複数のファイルを選択することができます。


  2.ファイル名変換画面の表示

    選択したファイルを右クリックして表示されるメニューから「Renombra archivos」をクリックします。


    補足

      「Renombra archivos」はスペイン語表記です。
      英語に直すと「Rename files」です。
      ファイル名のリネームです。

  3.変換するファイルの確認

    以下のように、変換対象のファイルの一覧が表示されます。


  4.パターンの入力

     「Pattern」にファイル名の変換パターンを入力します。
    ここに入力された文字列がeval関数に渡されます。


  5.ファイル名のプレビュー

    「プレビュー」ボタンをクリックして、ファイル名のプレビューを行います。


  6.ファイル名の確認

    以下のように、パターンに従ってファイル名を変換した結果が表示されます。


    この時点で実際にファイル名の変換は行われていません。

  7.ファイル名の変換

    「実行」ボタンをクリックしてファイル名の変換を行います。


    画面右下の「OK」ボタンをクリックし、この画面を閉じます。

  8.変換後のファイル名の確認

    「Nautilus」でファイル名を確認すると、以下のようにファイル名が変換されています。


パターンについて

  上記でも記述した通り、パターンに入力した文字列がeval関数に渡されて、結果がファイル名に反映されます。

  このパターンでは、以下の特別な文字列が使用できます。
  これらの文字列は、eval関数に渡される前に変換されます。

  {filename}

    変換前のファイル名(拡張子なし)を表します。
    「.」を含みません。

  {extension}

    変換前のファイル名の拡張子を表します。
    「.」を含みます。

  {iterator}

    0から始まる数値です。
    変換するファイルの一覧の上から、0,1,2・・・と言った感じで連番がつけられます。

  format_number(pattern,number)

    以下の関数を呼び出します。

def format_number(pattern,number):
  return pattern[:len(pattern)-len(number)]+number

変換対象のファイルを選択する

  変換対象のファイルを選択し直すこともできます。
  変換対象のファイルの追加ではなく、変換対象のファイルの再選択になります。

  1.ファイル選択画面の表示

     ファイルの読み込みボタンをクリックします。


  2.ファイルの選択

    変換対象のファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。
    複数のファイルを選択できます。


  3.変換対象のファイル一覧

    変換対象のファイル一覧に、選択したファイルが列挙されます。


パターンを保存する

  パターンを保存して、後で再利用することもできます。

  1.パターンの入力

    保存するパターンを入力します。


  2.パターンの保存

    パターン保存ボタンをクリックします。


  3.パターン一覧の確認

    パターン一覧を表示すると、以下のように保存したパターンが表示されます。


    後でパターン一覧からパターンを選択できます。

パターンを削除する

  保存したパターンを削除します。

  1.パターンの選択

    パターン一覧から削除したいパターンを選択します。


  2.パターンの削除

    パターン削除ボタンをクリックします。


  3.パターン一覧の確認

    パターン一覧を表示すると、選択したパターンが削除されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション