kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Nautilus Replace Me

  「Nautilus Replace Me」は、「Nautilus」からテキストファイル内の文字列を一括で置き換えるNautilus拡張です。


  テキスト形式のファイルなら文字列の置き換えが可能

    テキストファイルに限らず、XML形式やソースコードなどテキスト形式のファイルなら文字列の置き換えが可能です。

Nautilus Replace Meのインストール

  「Nautilus Replace Me」のインストールです。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:atareao/nautilus-extensions

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「replace-me」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.Nautilusの再起動

    インストールが完了したら、「Nautilus」を再起動するか、ログインし直すか、PCを再起動します。

Nautilus Replace Meの使い方

  「Nautilus Replace Me」の使い方です。

  1.ファイルの選択

    文字列の置き換えを行いたいファイルを選択します。
    複数のファイルを選択することができます。


    ここでは例として「main.txt」ファイルを選択しました。
    「main.txt」ファイルの中身は以下のようになっています。


  2.文字列置き換え画面の表示

    選択したファイルを右クリックして表示されるメニューから「Replace string in file」をクリックします。


  3.置き換え対象のファイルの確認

    以下のように、文字列を置き換えるファイルの一覧が表示されます。


  4.置き換える文字列の入力

     「Replace」に置き換える文字列を入力します。


  5.置換後の文字列の入力

     「with」に置換後の文字列を入力します。


  6.文字列の置き換え

    文字列置き換えボタンをクリックします。


    「OK」ボタンをクリックして、この画面を閉じます。

  7.テキストファイルの確認

    文字列の置き換えが行われたテキストファイルの中身を確認します。
    以下のように、文字列の置き換えが行われています。


文字列置き換え対象のファイルを選択する

  文字列置き換え対象のファイルを選択し直すこともできます。
  文字列置き換え対象のファイルの追加ではなく、文字列置き換え対象のファイルの再選択になります。

  1.ファイル選択画面の表示

     ファイルの読み込みボタンをクリックします。


  2.ファイルの選択

    置き換え対象のファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。
    複数のファイルを選択できます。


  3.置き換え対象のファイル一覧

    置き換え対象のファイル一覧に、選択したファイルが列挙されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション